水引とパーツで作るアクセサリー「花とタッセルのイヤリング」
作品レシピ
2021年04月21日

水引とパーツで作るアクセサリー「花とタッセルのイヤリング」

お気に入りに追加

日本の伝統工芸「水引」を日常にも気軽に楽しんでみませんか? 

水引=ご祝儀袋のイメージが強いですが、色も豊富でアクセサリーとしてアレンジしやすいんです!しかも丈夫で軽いので普段使いにもピッタリ♪ 

今回は45cmの水引で作る珠を使ったアクセサリーを作ります。複雑に見える珠ですが、実はこれも1本のあわじ結びからできています。 

最初は少し難しいですが、コツさえ掴めばあっという間にキレイな珠がつくれますよ! 

 

ジャンル:
その他の
ハンドメイドその他の ハンドメイド

目次

  1. 1.材料・道具
  2. 2.作り方
  3. 3.まとめ

1.材料・道具

花とタッセル1

材料

(キットに含まれるもの)
※写真は1つですがキットには両耳分の材料が含まれます。

・水引 45cm2本(90cmの水引を半分にカットします)

・タッセル 2個

・丸カン(6mm/4mm 各2個) 

・イヤリング金具 2個

道具

・はさみ

・チリ棒(ニードル)

・平ペンチ

・ボンド

※写真は片耳分の材料です。

2.作り方

■カットした水引3本であわじ結びを作ります

<水引の結び方>あわじ結びのやり方はこちら

花とタッセル2

お花の大きさに合わせてあわじ結びを作ります。
今回は2cmのお花にするので、幅が2cmのあわじ結びを作ります。

■お花を作ります

<水引の結び方>花あそび(梅結び)のやり方はこちら

花とタッセル3

端にボンドをつけてよく乾かし、長い部分の水引をカットしたらお花の完成です。

花とタッセル5

■金具を取り付けます

上の花びらの穴と、下の2枚が合わさった部分の穴に6mmの丸カンをそれぞれ取り付けます。

花とタッセル

■タッセルを繋げます

下の丸カンに4mmの丸カンでタッセルを繋げます。
花とタッセルの向きがどちらも正面になるようにします。

花とタッセル6

■イヤリング金具を取り付けます

花が裏向き(カット処理した面)にならないように注意しながらイヤリング金具を取りつけます。

花とタッセル7

■完成

花とタッセルのイヤリングの完成です!

花とタッセル9

3.まとめ

花とタッセル10

水引花とタッセルの組み合わせが大人かわいいイヤーアクセサリー。マスクをしていても、大ぶりなデザインはつけるだけで顔まわりの印象を一気に華やかにしてくれます。

水引花の大きさを変えたり、色の組み合わせを変えたりして自分だけのオリジナルのアクセサリーを作ってみてくださいね!

この記事で紹介したアイテム

前の記事をみる次の記事をみる
「金沢の水引」自遊花人「金沢の水引」自遊花人
『和のこころ・和のかたち』をコンセプトに伝統の水引を現代感覚でアレンジし、和の心がおりなす表現の可能...
前の記事をみる次の記事をみる