石粉粘土で簡単!フックのアレンジ
作品レシピ
2020年05月27日

石粉粘土で簡単!フックのアレンジ

お気に入りに追加

鍵やネームホルダーなどを壁にかけておくときに便利なフック。100均などでも購入することができ、さまざまな壁に対応した商品を見かけます。しかし、フックはわりとシンプルで、形もワンパターンなものも多いイメージです。 

そんなシンプルなフックを最近話題の石粉粘土を使って自分好みにアレンジしてみました。粘土を使うので形も自由にアレンジすることができます。 

また、粘土を言えば『絵の具』で色を付けたり、絵をかいてアレンジすることが多いですが、今回はもっと簡単に『転写シート』を使うだけのアレンジです。ハサミを使う以外は、危ない工程がほとんどないので、お子さま一人でも作ることもでき、自由研究などにもおすすめですよ。 

ジャンル:
粘土粘土

目次

  1. 1.材料・道具
  2. 2.作り方
  3. 3.まとめ

1.材料・道具

https://static.croccha.com/contentful/4dVvFgllXQmLKCtHAvxkMQ.jpg

・石粉粘土

https://static.croccha.com/contentful/2cQHORxg4ykkbJRnxfpk4P.jpg

・型抜き...100均のクッキー用型抜きを使用

・のし棒(クレイローラー)

・転写シート

・ヘラ(転写シートに付属)
・フック

https://static.croccha.com/contentful/5xWBqVMynDYKDGV7Z581Ds.jpg

・ボンド

2.作り方

袋から粘土を出します。

出したては、とても柔らかいので、必要以上に練らなくても扱いやすいです。硬めの場合は、扱いやすくなるように練ってください。

伸ばし棒でお好みの厚さまで伸ばします。

https://static.croccha.com/contentful/6LxarjOgMaR1ApVRijBTlm.jpg

クッキーの型で抜きます。

https://static.croccha.com/contentful/867fSLx2hrD203Ok2ZsWN.jpg

周囲がけば立っているので、指で軽くなぞるように整えます。

https://static.croccha.com/contentful/3e4PBGszqA3z4sykFmksR.jpg
https://static.croccha.com/contentful/3QASwTy607NUOVYKZIRhZX.jpg

2日ほど乾燥させます。

https://static.croccha.com/contentful/7D5aTJGK8SFziCTJMOIyns.jpg

表面が白っぽく、湿ったところがなくなるところまで乾燥させてください。
粘土が残った場合は、ラップに2重くらい包んで、ジップロックにいれて保管することで、乾燥を防ぎます。

お好みの転写シートを切っておきます。

https://static.croccha.com/contentful/2ujXKXcAFVNwiJtGIhQ0zE.jpg

シートから外す前に粘土にのせてサイズを確認します。

https://static.croccha.com/contentful/1s4wTs9JSuOxByxB0b663Y.jpg

転写シートを台紙シートからはがし、粘土に貼ります。

ヘラで擦って、写します。

https://static.croccha.com/contentful/1sxJpSRW2TdPwsxkQxg7NI.jpg

しっかり擦ったら、フィルムをゆっくりはがします。転写できていないところがあれば、そっと戻してもう一度擦ってください。

https://static.croccha.com/contentful/28iIWuZ0IXTHa2Rv7V8okI.jpg

転写出来ました。

https://static.croccha.com/contentful/4hdgVIyQlMQBDr3aG7p9FZ.jpg

今回は表面を平らにして粘土そのままで作っていますが、転写シートに慣れたら、粘土の少し表面に凹凸をつけてみたり、色を縫ったり、お好みのアレンジをしてみてください。

転写できらた、ボンドでフックにつけます。

https://static.croccha.com/contentful/3AfrPrOELBcFZQMdqHWAaR.jpg
https://static.croccha.com/contentful/7GfNzuNVUHjyWlwxXgMC9A.jpg

ボンドが乾いたら、完成です。

https://static.croccha.com/contentful/7yK4wMIZvu7iyLguFi5KPx.jpg

3.まとめ

いかがでしたか?シンプルなフックが、ちょっとしたひと手間で可愛いオリジナルフックに生まれ変わりました。

石粉粘土は、石を砕いて作っているので、紙粘土や樹脂粘土とは少し違った質感が特徴で、乾くと陶器のようにもなるので、いろんなインテリア素材にもマッチしやすく、おすすめです。

同じ要領で、マグネットにしたり、小さめに作ってウッドクリップや画鋲に貼りつけてもいいですね。色を付けたり、形も型を使わずカッターなどでカットしたり、アレンジも無限大です。転写シートを写すだけなので、絵が苦手な人にも簡単にイラスト入りフックが作ることができます。ぜひ、一度作ってみてください。

この記事で紹介したアイテム

前の記事をみる次の記事をみる
irori07irori07
9歳の女の子のママです♪ 最近は、粘土にはまっていて、親子で楽しめる作品を中心に投稿していきたいなと...
前の記事をみる次の記事をみる