ワイヤーで作る簡単リングの作り方
作品レシピ
2020年08月06日

ワイヤーで作る簡単リングの作り方

お気に入りに追加

100均やホームセンターで手軽に購入できるワイヤーを使って、簡単かわいいリングを作ってみました。身近な材料でできていると思えない高級感と、リーズナブルさが魅力的!コツさえつかめば、本当に簡単で、サイズも自由に調節することができます。一緒に使う素材を変えるだけでイメージもがらりと変わるので、年齢問わずおすすめですよ。 

材料は、たった2つ。道具はペンチや平やっとこがあれば便利ですが、先の平たいピンセット(毛抜き)でもOK。今回は、パワーストーンやビーズを組み合わせて作ってみます。 

 

ジャンル:
DIYDIY

目次

  1. 1.材料・道具
  2. 2.作り方
  3. 3.まとめ
  4. 4.参考になる投稿

1.材料・道具

kiji170 01

ワイヤー・・・0.4mm前後がおすすめです。

・パワーストーンやビーズ、パールなど

・リングサイズ棒やマニキュアボトル、リングサイズに近い棒状のものなど

・ペンチ

2.作り方

このリングは、ワイヤーを巻いて作るため、リングサイズ棒があると便利です。

ただし、安いものでも2000円ほどするので、作りたい指と同じくらいの太さの棒やスティックのりなど身近なもので代用ができます。今回は、マニキュアボトルを使いました。

ワイヤーの長さは、サイズによって前後しますが、35~40㎝ほどにカットしておきます。

ビーズやパールを通し、6~7㎝ほど残してマニキュアボトルにぐるぐる巻きつけていきます。

kiji170 02
kiji170 03

今回は、5回巻きましたが、もっと増やしたい場合は、最初のワイヤーを長めにしてください。

kiji170 04

ワイヤーを寄せます。

残ったワイヤーをビーズやパールのまわりにぐるぐる巻いていきます。軸となるワイヤーに巻き付けていくイメージです。

kiji170 05

ペンチなどで引っ張りながら巻きつけていきます。

kiji170 06

お好みで3~4回ほど巻きつけていきます。

kiji170 07

反対側も同じように巻きつけます。

kiji170 08
kiji170 09

巻きつけたボトルから外します。
余分なワイヤーはカットして、軸に巻いたワイヤーをペンチで押さえておきます。

kiji170 10
kiji170 11

完成です。

今度は、大粒のパワーストーンなどにおすすめの巻き方をご紹介します。

こちらは45~50㎝くらいにワイヤーをカットしてください。長さは、お好みで調節してください。

ビーズやパール、天然石など大きめのものを一粒を通し、6~7㎝ほど残してマニキュアボトルボトルにぐるぐる5回巻きつけていきます。ここまでは、上のリングの工程と同じです。

巻く回数は、お好みで調節してください。

kiji170 12

巻けたら、長い方のワイヤーを天然石やパールなどの周りにぐるぐる巻きつけます。

kiji170 13

どんどん巻きます。最後は、6~7㎝残してください。

kiji170 14

ここからは、ひとつめのリングと同じです。両サイドをぐるぐる軸に3~4回巻きつけ、ボトルからはずしたら、不要なワイヤーをカットし、ペンチで押さえます。

kiji170 15

完成です。

kiji170 16

3.まとめ

いかがでしたか?とても簡単なので、親子で一緒に楽しめます。カットしたワイヤーの先はとがっているので、お子さまが作られる場合は特にご注意ください。

ワイヤーは自由自在に形を変えることができるのも魅力のひとつです。ビーズやパールと合わせる以外にも、ハートなどの形をワイヤーで作り、リングにしてもとても可愛いですよ。今回はゴールドのワイヤーを選びましたが、カラーバリエーションも豊富なので、お好みの色のワイヤーで作ってみてください。

4.参考になる投稿

この記事で紹介したアイテム

前の記事をみる次の記事をみる
prako03prako03
プラ板・パーツ・スエードコード・リバティ・引き揃え糸などの雑貨やアクセサリー作っています。 粘土やD...
前の記事をみる次の記事をみる