ビーズブレスレットの基本の作り方
基礎テクニック
2020年06月11日

ビーズブレスレットの基本の作り方

お気に入りに追加

今も昔も女の子に人気のビーズのブレスレット。ひとつずつ自分でパーツを選んで作るのも楽しみのひとつです。キラキラしたビーズを選ぶのは、女の子の憧れですよね。 

しかし、手づくりブレスレットは、テグスが弱くて切れたり、結んだところが緩く、ビーズが散らばってがっかりすることも…。けれど、コツさえ覚えれば丈夫なブレスレットが簡単に作ることができます。 

もちろん、子どもだけでなく、大人の方も楽しめるビーズのブレスレット。天然石やガラスビーズを使って作ると大人っくなり、アクセサリーやお守りとしてもおすすめです。 

 

今回は、天然石を真ん中にあしらったブレスレットを作りながら、基本の結び方をまとめました。 

ジャンル:
ビーズビーズ

目次

  1. 1.材料・道具
  2. 2.作り方
  3. 3.まとめ

1.材料・道具

https://static.croccha.com/contentful/7hNZBzu1N1oTfzkgCXTF6Z.jpg

・ビーズ

https://static.croccha.com/contentful/49dsxqyaHrPGLLgBajnJSJ.jpg

・天然石

https://static.croccha.com/contentful/2kqkfWJ4fb89kzoft57ldp.jpg

・ゴムテグス

・ワイヤー針

・はさみ
・ピンセット
・マスキングテープ

https://static.croccha.com/contentful/3iLiwMUlDAJzhZ2uTWHSEN.jpg

・クリップ
・スペーサー(あればでOK)

2.作り方

まずは、長さを計ります。

腕のまわりに、細長くカットした紙を巻いて重なる部分に目印をつけておいてください。ちょうどすぎると少し窮屈なので、0.5cm~2cmほど余裕をもったサイズで作ります。

作る長さが決まったら、その長さ分のビーズを選びます。専用の台も販売されていますが、今回はマスキングテープを使ってビーズの並びを決めました。

写真を参考に、マスキングテープを計った紙の長さより少し長めにカットしたら、粘着面を上にして机におき、片方端にマスキングテープを貼っておさえます。計った紙を横において、その端がくる反対のところにもマスキングテープを貼っておさえます。

https://static.croccha.com/contentful/5eqmPfeCwfku0LMa9bYLPs.jpg

マスキングテープの粘着面にビーズを並べていきます。

https://static.croccha.com/contentful/O4UkIAZszR1zZasIIguuR.jpg

両端同じ分ずつ置いていくと中心がわかりやすいです。

https://static.croccha.com/contentful/3JoNJmTJaDwyb2IUomUtnW.jpg

中心に天然石を置き、天然石を挟むためのスペーサーも用意します。

https://static.croccha.com/contentful/51VmoebLpHxmpuw9QFgjlq.jpg

ビーズが決まったら、次にテグスを用意します。

テグスは、丈夫にするために、今回は4本取りします。
用意するテグスの長さは今回は、約80cmくらいのものを用意しました。

腕の長さ×4+10~15㎝が目安です。半分に折り、さらに半分に折ります。

https://static.croccha.com/contentful/2Qgv1bl4lY55cXVUd5emnP.jpg

写真のように、曲がるところにワイヤー針を挟みます。

端にクリップを挟みます。

ワイヤー針にビーズや天然石を通し、テグスの方に押していきます。

https://static.croccha.com/contentful/7npwNXBNNCqESizjiSOowj.jpg
https://static.croccha.com/contentful/6YRl6MUBjeG7AbDGOzwpo3.jpg

天然石は、目立たせるためにスペーサーで挟むように通しました。

https://static.croccha.com/contentful/EmhhlFd6zheULpOzGYDrn.jpg
https://static.croccha.com/contentful/15TJWAaryDnRNdc8USAzkd.jpg

全部通し終わりました。

https://static.croccha.com/contentful/3BbE0iGPoY9FRgH7qwFXRa.jpg

腕に回してみて、長さを確認します。

全て通し終わったら、ワイヤー針がをはずし、ワーヤー針を通していた輪に、反対のテグスの端を通します。

https://static.croccha.com/contentful/5Fv1fhDEe0DAoKmnZu44Rw.jpg
https://static.croccha.com/contentful/4wt1ToSfiPyN9TbPnqPCTx.jpg
https://static.croccha.com/contentful/3rCjnqurBHzBPc19Kt6Jzm.jpg

少しずつビーズをずらして、輪っか側のすき間をなくします。

https://static.croccha.com/contentful/fntdW04kPspYqY5EWjcHs.jpg
https://static.croccha.com/contentful/2GnZ8zOcJdLmC2REhh3vRf.jpg

ビーズを寄せる際に、ぎゅうぎゅうに寄せすぎると、反動でゴムが切れやすくなるので、ほんの少しだけ余裕をもって寄せるようにして下さい。

折り目になっている端と、残りの2本に分かれた端とにわけ、3~4回結びます。

https://static.croccha.com/contentful/4voCt3X4RxCu3G5gBoCLrO.jpg
https://static.croccha.com/contentful/mQwXgUbQ4TyxVpkoEKLZV.jpg

テグスは5mm程だけ残して、カットします。

https://static.croccha.com/contentful/F6eaFWzk9rqQsFz50x2y6.jpg
https://static.croccha.com/contentful/vamHoot17fwacJby1e1s1.jpg

結び目をビーズの中に隠して、完成です。

https://static.croccha.com/contentful/1KuL3PTercNm32WQJXlrgP.jpg
https://static.croccha.com/contentful/59JTwrmqV3SrjHs6t93zJu.jpg

3.まとめ

ちょっとしたコツを覚えるだけで、丈夫なブレスレットが完成しました。低学年くらいのお子さまでも、簡単に作ることができます。キラキラしてかわいいブレスレットが自分好みにできると嬉しいですよね!

また、天然石にはいろいろな効能もあるので、願いを込めてお守りとしてつくるのも素敵です。ぜひ、一度作ってみて下さい。

この記事で紹介したアイテム

前の記事をみる次の記事をみる
prako03prako03
プラ板・パーツ・スエードコード・リバティ・引き揃え糸などの雑貨やアクセサリー作っています。 粘土やD...
前の記事をみる次の記事をみる