作品レシピ
2022年02月07日

ちょい持ちにピッタリ!簡単巾着バッグの作り方

お気に入りに追加

今回はちょっとのお出かけにぴったりな巾着袋を作る方法のご紹介です。 

 

ちょこっと外出する際に便利なバッグ欲しくありませんか? 

そこで便利な形の巾着バッグを作るのがおすすめ!種類が豊富なウィリアム・モリスデザイン生地を使っておしゃれな巾着バッグに! 

接着芯を貼ることで、型崩れしない、ハリのあるおしゃれな巾着袋に仕上がりますよ。 

 

ジャンル:
ソーイングソーイング

目次

  1. 1.材料・道具
  2. 2.作り方
  3. 3.まとめ

1.材料・道具

<材料>

  • 表布・裏布(30×27cm)

  • ひも通し部分(5×23cm)

  • 持ち手部分(10×29cm)

接着芯

ワックスコードの紐(67×27cm)×2本

<道具>

ミシン

スピードひも通し

2.作り方

(事前準備)

表布、裏布、持ち手部分の裏側に接着芯を貼ります

kincthaku_bag_01

紐の端は、ほつれ止めでボンドを塗っておきます

kintchaku_bag_02

(1)持ち手の作り方

中心に向かっておって紐状にします

kintchaku_bag_03

端から2mmのところを両サイド縫います

アームウォーマー6

(2)ひも通し部分

  • 上下1cmずつ、左右は1cmを2回折って、アイロンであとをつけます

kintchaku_bag_04

※アイロン定規があるとなお作業しやすいです

  • ひも通し部分を表布に縫いつけます

  • 上から5cmのところに中心を合わせて、ひも通し部分の上下を縫います

巾着_06

巾着_05

(3)持ち手部分を仮縫い

  • 持ち手の間が8cmあく様に、中心から4cmずつ仮縫いをします

巾着袋_07
  • 持ち手の部分は、端から5mm出しておきます(出さなくてもok)

巾着袋_08
巾着袋_08

(4)表布を縫い合わせる

巾着袋_09
  • 縫い代1cmで縫い合わせます

巾着袋_10
  • 縫えたら、縫い代を開きます

巾着袋_11
  • 裏布を中表に合わせて、同様に縫い代を1cm縫います

巾着袋_12
  • 縫えたら、縫い代を開きます

巾着袋_13
  • 表布と裏布を中表に合わせます

巾着袋_14
  • 袋口部分を縫い代1cmで縫い合わせます

巾着袋_15
巾着袋_16
  • 表布は表布、裏布は裏布の向きを変えます

巾着袋_17
  • 裏布側に返し口を作ります

こちらの縫い代も1cmで縫います

巾着袋_18
  •  縫ったら、縫い代を開きます

巾着袋_19

(5)マチを作る

  • サイドと底の縫い目を合わせます

マチは3.5cm、3.5cmの合計7cmの大きさを4箇所作ります

巾着袋_17
巾着袋_21
  • マチが出来たら、表布は底に、裏布はサイドに縫いとめます

(6)返し口を縫い閉じる

返し口から表に返して、口をミシンで縫い閉じます

巾着袋_22

(7)袋口の形を整える

  • 裏布を中に戻して、袋口の形を整えます

※表布が少し見える程度を、アイロンで整えるのがおすすめです

巾着袋_23
  • 形を整えたら、ミシンで端から2,3cmの所を縫います

巾着袋_24

(8)ひも通し口に紐を通す

  • スピードひも通しを使うと便利です

巾着袋_24
  • 紐を通す時は、交差する様に通します

  • 通したら、端をくるっと結びます

巾着袋_25

(6)完成

くるっと結んだら完成です!

巾着袋_26

3.まとめ

この巾着の形は、ちょっとそこまで行くのに使いやすい!

巾着だと、口の部分がファスナーではなく紐なので開け閉めが簡単で便利!

紐は閉じた時に長過ぎない様に、ギリギリの長さで調節するのがおすすめです。

可愛いのでみなさんも是非一度作ってみてください。

この記事で紹介したアイテム

前の記事をみる次の記事をみる
usankousanko
【🧵ものづくりのお調子者😊】「カジュアルにハンドメイドを楽しむ」をコンセプトに動画作成|楽しさを...
前の記事をみる次の記事をみる