作品レシピ
2022年02月26日

型紙なしで簡単!ダーツ風ミニポーチの作り方

お気に入りに追加

いつもとは違うポーチを作ってみたくなりませんか?こちらのポーチは、ファスナーではなく、プラスナップボタンを使った小さなポーチ。 

型紙なしで簡単にできるので、ポーチを作ったことがない方も簡単に作れちゃいます! 

角が丸いデザインなので、可愛らしい雰囲気を演出できますよ 

是非、こちらのレシピを参考に作ってみてください! 

ジャンル:
ソーイングソーイング

目次

  1. 1.材料
  2. 2.作り方
  3. 3.完成

1.材料

ポーチ2

  • 表布×2(14×21cm)

  • 裏布×2(14×21cm)

  • ふた部分×2(10×14cm)

プラスナップボタン

接着芯

2.作り方

事前準備

印つけを簡単にする為に、A4の紙を縦14cmにカットして、上は中心から2cmと4cm、下は中心から、4cmと6cmそれぞれ印を付けておきましょう

ポーチ3

表布、裏布にはそれぞれ接着芯を貼って、その後角を丸くカットします。この時、分度器を使用すると切りやすいです

蓋の部分の接着芯は両面に接着芯を貼るのがおすすめ

ポーチ4

布に印つけをする

先程準備した、印つけの紙に布を当てて、左右四箇所に印をつけます。

ポーチ5

印ができたら、印と印を合わせて表布は、上下ともに内側に、裏布は、外側に倒しましょう。

ポーチ6

できたら、上下縫い代5mmで仮縫いをします

ポーチ7

次は、蓋の部分です。中表に合わせて、縫い代1cmで縫えたら、角を切り落として、カーブの部分をv字にカットします

ポーチ8

表に返して形を整えます。縫い押さえは不要です

ポーチ10

表布の裏側と中表に合わせて、縫い代5mmで仮縫いをします

ポーチ11

表布と裏布それぞれ袋の形にして、周囲を縫い代1cmで縫い合わせます(裏布の底には返し口を作っておきましょう)

ポーチ12

先程と同様に、カーブ部分に切り込みを入れます

ポーチ12

縫い代を開いてアイロンで形をつけたら、表布と裏布を中表に合わせます

ポーチ13

表布を表に返して、裏布と中表に返します

ポーチ14

返し口から、表に返したら、返し口を縫います

ポーチ15

裏布を袋の中に返して、袋口の形を整えます

整えたら、袋口は縫い押さえます(端から3,4mmのところ)

ポーチ16

最後はボタンを付けて終わり!蓋部分につける時は、ボタンの中心が端から1.5cmのところで本体部分には、端から3cmのところにつけます

ポーチ17

3.完成

ポーチ18

この形のポーチは、簡単なのにとっても可愛い!マチはないけど袋口は7cmも開くんです♪普通サイズのみかんも入る収納力!ボタン式なので、ファスナーより簡単に、早くポーチが完成しますよ!是非みなさんも作ってみてくださいね♪

この記事で紹介したアイテム

前の記事をみる次の記事をみる
usankousanko
【🧵ものづくりのお調子者😊】「カジュアルにハンドメイドを楽しむ」をコンセプトに動画作成|楽しさを...
前の記事をみる次の記事をみる