横穴ティアドロップ形ビーズのワイヤー処理(基本のメガネ留め・ドロップ留め)
基礎テクニック
2022年01月08日

横穴ティアドロップ形ビーズのワイヤー処理(基本のメガネ留め・ドロップ留め)

お気に入りに追加

ビーズにワイヤーを通してループを作る、メガネ留め。ループ同士をつないで長いビーズのストランドにしたり、留め金具を通したりと、かなりの頻度で必要になるジュエリーメイキングの基本中の基本のテクニックです。 

 

しずく形をした横穴のビーズを使って詳しくご説明いたします。 

ジャンル:
パーツ
アクセサリーパーツ アクセサリー

目次

  1. 1.材料と道具
  2. 2.作り方
  3. 3.まとめ

1.材料と道具

teardrop supplies

・ビーズ
・ワイヤー
・ペンチ
・丸やっとこ
・平やっとこ
・ビーズマット(あれば)

2.作り方

細い革ひもなどを通してそのままペンダントトップにもなる(作り方はこちら)、ティアドロップ形の天然石ビーズ。ここでは丸カンを使ってつなぎたいので、メガネ留めをします。

teardrop 01

穴はティアドロップのトップに、左右に走っています。このようなタイプのビーズも多いので、覚えておきたいテクニック。ドロップ留めとも呼ばれます。

teardrop 02

ワイヤーを8〜10cmくらいの長さにカットします。

teardrop 03

ビーズ穴に通します。

teardrop 04

片側から2cmくらい出します。

teardrop 05

ビーズのカーブに沿わせるようにワイヤーを折り上げます。

teardrop 06

反対側から軽く引いて隙間ができないようにして…

teardrop 07

長い方のワイヤーも同様にビーズのカーブに沿わせて折り上げます。

teardrop 08

ワイヤーが交差したところの少し上を、平やっとこで挟みます。

teardrop 09

ビーズを2、3回ねじります。

teardrop 10

ワイヤーを留めたら…

teardrop 11

短い方のワイヤーを根元から切り落とします。

teardrop 12

長い方のワイヤーを軸に対して90度の角度で曲げます。

teardrop 13

丸やっとこの先で角のすぐ上を挟みます。

teardrop 14

丸やっとこのカーブにワイヤーを巻き付けるように丸めます。

teardrop 15

反対に来たら…

teardrop 16

いったん丸やっとこを外します。

teardrop 17

丸やっとこの反対の先(画像では左側)を出来たループに差し込みます。

teardrop 18

ワイヤーの先を掴み、さらに巻き付けるように丸めて360度回転させます。

teardrop 19

完全なループになりました。パーツをつけたい場合は、ここで通します。

teardrop 20

平やっとこでループを押さえます。

teardrop 21

指または他のやっとこでワイヤーの先を掴み…

teardrop 22

ループの根元に2、3回きつく巻きつけます。ワイヤーの間にギャップができないよう、また、ワイヤーが重ならないよう、きっちり巻きます。

teardrop 23

余分のワイヤーをカットします。

teardrop 24

必要あれば、カットした先を平やっとこの先で均します。

teardrop 25

必要あれば、丸やっとこの先をループに差し込んで起こし、形を整えれば…

teardrop 26

出来上がりです。

teardrop 27

3.まとめ

ジュエリーメイキングのベーシックなテクニックのひとつ、メガネ留めの基本をご紹介いたしました。これさえ覚えれば大抵のアクセサリーが作れます。

必要なツールは、丸やっとこと平やっとこ。丸やっとこの先の丸みを利用すれば、歪みの少ないきれいな輪っかを作ることができます。

ループの根元にワイヤーを巻き付ける前に通せば、留め金具や他のパーツを直接つなぐことができます。メガネ留めのループ同士をどんどんつなげれば、ネックレスやブレスレットに。

メガネ留めでつないで長くしたアクセサリーにはループ状にしたワイヤーのおかげでビーズとビーズの間に距離ができるので、ワイヤーやテグスを直接通したものとはまた違った雰囲気が楽しめます。ぜひ作ってみてください。

この記事で紹介したアイテム

前の記事をみる次の記事をみる
marikobrownmarikobrown
編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在...
前の記事をみる次の記事をみる