ファブリックボタンの作り方
作品レシピ
2020年03月11日

ファブリックボタンの作り方

お気に入りに追加

子どもの頃からボタンが好きで、とくに洋服の共布に包まれたファブリックボタンには憧れのようなものを抱いていました。 

自分で作れることを知ったときは夢中になったものです。 

ボタンにちょうどいいサイズの可愛らしいポップなパイナップルプリントの生地を入手しましたので、久しぶりにファブリックボタンを作ってヘアアクセサリにしたいと思います。 

ジャンル:
その他の
ハンドメイドその他の ハンドメイド

目次

  1. 1.材料
  2. 2.作り方
  3. 3.まとめ

1.材料

https://static.croccha.com/contentful/540fjH3NHEY8BEUIfBKFEL.jpg

・ファブリックボタン(包みボタン)キット 
・お好みの生地(薄手のもの)
・布用しるし付けペン
・はさみ
・ヘアゴム

2.作り方

包みボタンキットに入っているテンプレートを生地に当て、使う部分を決めます。

https://static.croccha.com/contentful/DYVLXPvZ0UdIV63jSXwuN.jpg

決まったら、印つけ用のペンでテンプレートの外側をなぞってカットする線を描きます。
鉛筆のように削るタイプのものや時間が経つとインクが消えるフェルトペン型など、いろいろな種類のものを試してきましたが、このシャープペンシル型のソーラインがいちばん気に入っています。

https://static.croccha.com/contentful/40jmeSlS8kR5kNKLSaBqma.jpg

鉛筆式のようにだんだん線が太くなったりしないし、思ったより早くインクが消えてしまって描き直し、なんてこともありません。

https://static.croccha.com/contentful/2dpxB95z4UG8lyD32lmkTd.jpg

付けたしるしに沿って、はさみで丸くカットします。

https://static.croccha.com/contentful/4aZ59nfVYNHU2Udb7PP6u6.jpg

布の表側を底(下)に向けてモールドに当てます。

https://static.croccha.com/contentful/4aubeOJAJhOtFEV6rZ7Ixg.jpg

上からボタンを被せてモールドに押し込みます。

https://static.croccha.com/contentful/1tw434Q9hZyzOFIZyUSolb.jpg

この段階ではまだやり直しがききます。
パイナップルが真ん中に来るよう、表側を確認しながら満足できるまで何度かずらしました。

https://static.croccha.com/contentful/13OkGvusHGTYoUL1mafno7.jpg

はみ出している布を…

https://static.croccha.com/contentful/FfN9T8y8vk5JNy8GgSenN.jpg

内側に折り込みます。

https://static.croccha.com/contentful/6EQpNMcrWGJaIRW73aS4WU.jpg

バックカバーをはめ込みます。

https://static.croccha.com/contentful/3dKRpZ8Cm07YH4Rmyn9DBx.jpg

指でしっかり押さえます。

https://static.croccha.com/contentful/7fENdknBDG4xlSoo8MhfbJ.jpg

キットにプッシャーがついていれば…

https://static.croccha.com/contentful/ROCtDlghhV9cBrsDZ0BZh.jpg

さらにそれで押し込みます。

https://static.croccha.com/contentful/1UEXyIw3ofNI7kNsK3zGCY.jpg

モールドの底を押し上げるようにしてボタンを取り出します。

https://static.croccha.com/contentful/5GasGGbOEwJptG96uDPG7k.jpg

パイナップルのファブリックカバーボタンができました!

https://static.croccha.com/contentful/6DLBQ4EAWbFdN52P3fvrav.jpg

ヘアゴムにする場合は、ボタン穴にゴムを通します。

https://static.croccha.com/contentful/2tP4STa8FJR3uXn5dNG1bN.jpg

ギュッと結んで仕上げます。

https://static.croccha.com/contentful/2ynW5nUMInc9YcdjNo765T.jpg

パイナップルのファブリックボタンのヘアゴムになりました!

https://static.croccha.com/contentful/UQdebG1QCwt9gutufMMey.jpg

3.まとめ

本来は洋服の共布のボタンを作るためのキットだったのでしょうが、小さなものからかなり大きなものまでサイズが豊富で、ヘアアクセサリーやイヤリング、ブローチ、ストラップ、マグネットなどなど、日本でもアメリカでもさまざまなクラフトに使われています。

クロスステッチやアップリケ、刺し子などの練習でできた小さなモチーフを実用品に作り替えたいときにも、ファブリックボタンキットをよく利用したものです。
薄い生地を使えばシワも寄らず、失敗しにくいクラフトアイテムです。

お子さまの好きなキャラクターの小物を作るのにも便利ですね。
実は私がかなりヘヴィに使いまわしている2つのヘアゴムは、10年前に友人が送ってくれたリバティとハローキティのコラボレーション企画の限定品で作られたもの。
いい年をした大人ですが、花柄に隠れたキティならありでしょう、とお出かけの時にも使っています。

この記事で紹介したアイテム

前の記事をみる次の記事をみる
marikobrownmarikobrown
編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在...
前の記事をみる次の記事をみる