ハンドメイド専用のSNSアプリ・croccha(クロッチャ)
ログイン会員登録

「ドライフルーツ」のマガジン一覧

  • バスソルトの作り方
    バスソルトの作り方
    昨年末、週3〜4回のヨガで肩も腕もフルに回転させていたにもかかわらず、肩関節周囲炎、俗に言う四十肩を発症してしまいました。想像以上の痛みとそれに伴う睡眠障害、そして衣類の脱着やシャンプーなど日常生活の至るところに支障を来たし、コロナ禍も相まって気持ちまで沈みがちになってしまいました。 ところがこの春ワクチンを打ち、病院で診てもらい、フィジカルセラピーの良い先生を紹介していただいてからは、自分でもびっくりするくらいのスピードでどんどん回復!10回めの治療を終えたあたりで、ほとんどの基本のヨガの動きができるようになりました。 体をひねったり反らせたり出来るようになったのは大変喜ばしいことなのですが、何ヶ月もの間動かさず凝り固まってしまった筋肉や腱を伸ばすため、翌日の体がかなりキツい… そんな時に有効なのが、お塩の入浴剤で楽しむバスタイムです。体を芯から温め、筋肉疲労回復を助け、血行を良くして睡眠の質まで上げるエプソムソルト。見つからなければスーパーで買えるシーソルトだけでも効果が得られます。 エッセンシャルオイルやドライフラワーなどもミックスした、香りでも癒されるリラックスバスソルトの作り方です。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • ドライオレンジの作り方
    ドライオレンジの作り方
    自然な香りが大好きです。特にシトラス系やグリーン系。甘過ぎないフローラル系もお気に入りです。アメリカの洗剤類や芳香剤によくある人工的で強い香りは苦手なので、主にエッセンシャルオイルやインセンス(お香)を取り入れています。 人工樹のミニミニクリスマスツリーにマツ、モミ、スギのエッセンシャルオイルをそれぞれ少しずつ垂らしてみたら、顔を近づけるたびに森林のような香りがして、まるで本物みたい!クリスマスが終わってツリーを片付けながら、同じコンセプトで年中楽しめるポプリを作ることを思い付きました。 さて、何にオイルを垂らしましょうか。ネロリやベルガモット、マンダリンなどのシトラス系のオイルにちょっぴりスパイス系、またはミントという組み合わせがいちばん好きなので、今が旬のカリフォルニアオレンジを乾燥させて媒体にすることにしました。 ドライオレンジは何度か作っていますが、使うフルーツの水分量や糖度、スライスする厚さやオーブンの調子によって、焼き時間は実に様々。なので、レシピを過信せず、様子を見ながら気長に待つのが失敗しないための最大のコツです。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • 母の日に♪カーネーションで作る缶入りアロマワックス
    母の日に♪カーネーションで作る缶入りアロマワックス
    母の日のプレゼントといえば、花束や鉢植えなどのお花が人気ですが、お世話が苦手な方もいますよね。そんな方におすすめなのが、お世話不要で長持ちするドライフラワーやプリザーブドフラワーを使用したアロマワックス。   サシェにしてぶら下げるタイプを目にされることも多いかと思いますが、今回はギフトにしても存在感の出る缶に入れて作ってみました。この缶、100均で購入できるのですが、裏面に磁石がついており、冷蔵庫など磁石がつくところに貼り付けることができます。棚やテーブルに蓋をあけたり、ずらしたりして飾るのもおすすめです。香りもつけるので、飾ることで優しい香りが漂う癒しの空間ができあがります。   普段の感謝を込めて、母の日にぜひ手作りしてみてください。
    anone kids
    anone kids
    京都でハーバリウム、レジン、ソーイング等のワークショップをしています。 ゆるーく楽しくをモットーに、いろんなジャンルの作品を投稿出来たらと思っています。
  • 香りに癒されるアロマワックスサシェの作り方~春編~
    香りに癒されるアロマワックスサシェの作り方~春編~
    キャンドルの素材であるワックスを溶かしてアレンジするアロマサシェ。溶かしたときにお好みの香りをつけると、火をつけずに置いておくだけで香りを楽しむことができます。香りだけでなく、ドライフラワーやプリザーブドフラワー、ドライフルーツなどで飾ることで、見た目も華やかにインテリアとしての存在感も魅力的です。   色や形、飾りを変えることで季節やイベントにあったサシェを作ることもでき、何度も作りたくなるような魅力もあります。今回は、基本的なアロマサシェの作り方をまとめながら、春向きの色付きサシェをご紹介します。ぜひ、手作りアロマワックスサシェを玄関やトイレ、クローゼットなどに飾って、アロマの香りに癒されてみませんか?
    anone kids
    anone kids
    京都でハーバリウム、レジン、ソーイング等のワークショップをしています。 ゆるーく楽しくをモットーに、いろんなジャンルの作品を投稿出来たらと思っています。