今大人気のニャンドゥティとは?簡単に始められる材料とニャンドゥティ作り方
作品レシピ
2020年09月05日

今大人気のニャンドゥティとは?簡単に始められる材料とニャンドゥティ作り方

お気に入りに追加

『ニャンドゥティ』って聞いたことはありますか? 

言いにくい名前ですが響きがかわいい。 

実はこれは南米の中心地パラグアイの言葉で『蜘蛛の巣』を意味します。 

昔から伝わる細い糸1本で模様を作り出す鮮やかな伝統工芸品です。 

 

このニャンドゥティアクセサリーが今人気急上昇中! 

その理由は、 

少しの糸で簡単に作れる 

布に刺繍の様に蜘蛛の巣を作りペラっと剥がす過程が楽しい 

出来上がったアクセサリーは、とても軽く長時間つけても疲れない(アレルギー対策にも) 

 

素朴でカラフル!そんなアクセサリーが今注目されている理由かもしれません。 

 

ジャンル:
刺しゅう刺しゅう

目次

  1. 1.簡単に始められる材料
  2. 2.作り方
  3. 3.まとめ

1.簡単に始められる材料

・枠

nanduti01

現地ではこの様な枠を使って凧糸のような強い糸でしっかり帆を張り準備します。

nanduti02

簡単に始める材料として刺繍枠がオススメ!
薄い布で作るので周りに糸や布を巻いて、布をしっかり止められるようにします。

・布

nanduti03

ニャンドゥティは最後はボンドで固めて布からペラリと外します。
できるだけ繊維がほどけやすいざっくりした布を選びます。


・針

nanduti04

少し長めの先の丸い針を準備して下さい。
横糸を通す際は先が丸い方が絡まず進みます。

・糸

nanduti05

刺繍糸・さしこ糸などヨリのある細いとがオススメ!
カラフルなバリエーションがあり、つやもあるDMC糸はとても使いやすいです。


・ボンド

nanduti06

現地ではタピオカ粉や米粉を使って固めるようですが、日本では簡単に手に入り乾いたら透明になるボンドを使うと便利。
水でとき、ボンド3水1くらいの割合で使用します。

2.作り方

今回は簡単に作れるニャンドゥティ三角ピアスモチーフの作り方を紹介します。
最初に縦糸を張り横糸を織る様に通して最後は布から外します。

nanduti07

材料を準備します。

nanduti08

しっかり布張り、ペンで型をとります。

nanduti09

糸端は玉結びにして、頂点を部分をすくいます。

nanduti10

玉結びのすぐ横に針を通し糸を割って通します。

nanduti11

下の部分を1度すくったら、最初に糸を割った部分に針を後ろ向きからいれます。

nanduti12

最初の糸端は切ってしまいます。

nanduti14

同じことを繰り返し最後は、しごくように糸のたるみをとります

nanduti14

横糸を準備します。
(今回は刺繍糸を3本に分けて使用しました)

nanduti15

しっかりとくくりつけます。
1本ずつすくい織っていきます。

7回往復しました。
裾は2本ずつすくい、玉留めしていきます。
モチーフが1つ完成しました。

ボンドを水で溶き、全体と裏にもしっかり塗ります。

nanduti20

枠から外して乾かします。
裏はこの様に糸先のみが布に付いている状態です。

nanduti22

布から外し、ピアス金具を頂点に付けます。

nanduti23

完成です。

3.まとめ

刺繍のようで刺繍でなく、織物のような編み物のようなレース感がかわいいニャンドゥティ。
現地のモチーフのように思い切りカラフルにしてみたり、大きめにアレンジしたり。
どんどん個性的にできるのも楽しいです。

ビーズを入れたり、変わった糸を使うのもオススメです。
少しの糸でできてしまうニャンドゥティ!是非!1度トライしてみてくださいね!

この記事で紹介したアイテム

前の記事をみる次の記事をみる
aminboaminbo
とにかく作るのが大好きで、どハマりして365日何か作っています。 主にパラグアイの伝統工芸ニャンドゥ...
前の記事をみる次の記事をみる