折り目をつけるだけじゃない!スコアリングボードでエンボス模様を入れる方法
基礎テクニック
2022年06月14日

折り目をつけるだけじゃない!スコアリングボードでエンボス模様を入れる方法

お気に入りに追加

厚手のペーパーにシワを入れることなくきれいな折り目をつけるためツール、スコアリングボード。基本作業の「切る」、「折る」、「貼る」のうちの「折る」を担うペーパークラフトの基本の道具です。なくても紙は折れるけれど、あったほうが断然カードメイキングがよりスムーズに、より楽しくなります。 

 

ペーパーに折り目をつける地味で実用的な道具ではありますが、実は装飾的な使い方もできるんです。ボードに乗せてスタイラスですじを付けて入れるスコアラインは、エンボス加工と一緒です。つまり、凸凹模様が入れられるのです。 

 

スコアリングボードとスタイラスを用いて無地のペーパーに凸凹模様のフレーミングをしたりストライプや格子模様を入れる方法をご紹介いたします。 

ジャンル:
ペーパー
クラフトペーパー クラフト

目次

  1. 1.材料と道具
  2. 2.作り方
  3. 3.まとめ

1.材料と道具

decorative supplies

・スコアリングボード
・スタイラスまたはボーンフォルダー
・(あれば)ワックスペーパー
・ペーパー

カードに仕上げる場合
・スタンプ
・2つ折りカード
・テープのり

2.作り方

カードの表紙になる無地のペーパー。このまま背景として使うことが多いですが、インクを使ってカラフルにしたい時もあります。無地のままではちょっと寂しい、でも色は加えたくない、という場面に最適なのが、エンボス加工。エンボシングフォルダー(使い方はこちら)で凸凹模様を付けるのも良いですが、基本ツール、スコアリングボードでもなかなか美しいエンボス加工が可能なのです。

decorative 01

スコアリングボードの左上の目盛り0のところにペーパーの角を合わせます。

decorative 02

ひと目盛りは、1/8インチ(3mm強)。ここにスタイラスを当て、スコアラインを引きます。

decorative 03

反対側にも、ペーパーの端からひとつめの目盛りにスコアラインを入れます。

decorative 04

ペーパーを90度回転させ、縦横の向き変えます。

decorative 05

スコアリングボードの左上の目盛り0のところにペーパーの角を合わせ、スタイラスでラインを入れます。

decorative 06

反対側にも同様にラインを入れれば、カードのマットに凸凹模様のフレームが出来ました。

decorative 07

色ではなく影のライン、しかもほんの1本のラインですが、これのおかげでカードの焦点が真ん中に来ます。これくらいのさりげないフレーミングがちょうどいいということは、カードメイキングをしているとよくあります。

これはなくてもOKですが、あればワックスペーパーを使うとラインが入れやすくなります。

decorative 08

小さくカットしたワックスペーパーをペーパーの表面に擦ります。これだけでかなり滑りが良くなり、スタイラスがスムーズに走ります。

decorative 09

ひとつめと2つめの目盛り(ペーパーの端から3mm強と6mm強の位置)をスコアリングした、ダブルラインのフレーム。これくらいだと、装飾性のあるフォントならフレーズのみのデザインでも良さそうです。

decorative 10

私が特に気に入っている方法です。ペーパーの端からラインを入れるのではなく、目盛りひとつ分の長さ(ここでは3mm強)を残してスタイラスを当ててスコアリングします。

decorative 11

最後も3mm強残して止めます。

decorative 12

これを4辺に繰り返すと、こんなふうに1本線で囲うようなデザインになるんです。

decorative 13

大判のスコアリングボードには、封筒作りのための三角形のパーツが付いてきます。これを使うとさらに複雑なスコアライン模様を入れることが可能です。

decorative 14

三角のパーツをスコアリングボードの左上の目盛り0のところにきちっと合わせます。

decorative 15

ペーパーの角を、三角形の角(どちらでもOK)に合わせます。

decorative 16

等間隔にスコアラインを引きます。ここでは3/4インチ(約19mm)ごとに入れています。

decorative 17

斜めストライプ模様に。

decorative 18

さらにペーパーを90度回転させてセッティングし直し、同じ作業を繰り返せば…

decorative 19

格子柄になりました。まるでエンボシングフォルダーで加工したような出来栄えです。

decorative 20

これをカードの背景にする場合には、順序に少し気をつけます。と言いますのも、凸凹模様をつけた後にスタンプすると欠けてしまう可能性があるからです。

decorative 21

その場合は、スタンプを先にします。

decorative 22

フラットな状態でスタンプをしてから…

decorative 23

スコアリングします。ボードに乗せるときは、向きにご注意。凸模様を表にするには、スタンプを入れた表面を下にして伏せるようにボードにセッティングする必要があります。

decorative 24

角に合わせてスコアリングすれば…

decorative 25

格子模様の出来上がり。

decorative 26

あとは通常通りにカードの仕上げができます。

decorative 27

3.まとめ

なくてもできないことはないけれど、あれば断然ペーパークラフトがよりスムーズに、そしてより楽しくなる基本のツール、スコアリングボード。厚手のペーパーにもしわを寄せずにくっきりはっきりとした折り線をつけるための道具ですが、ここでは装飾的な使い方をご紹介いたしました。

溝の幅が最小3mm強と狭いので、ペーパーの端っこに凸凹ラインが入れられるのが良いところ。無地のまま使うにはちょっと寂しい、でも色を加えた背景にはしたくない、という場面にもってこいの方法がエンボス加工で、スコアリングボードがあればさりげなく上品なフレーミングが可能です。

ラインを2本、3本と増やすことで、さらに装飾性が高まります。それだけで十分な存在感になるので、フォントやサイズによってはフレーズだけのカードデザインも楽しめます。ウェディングなど、真っ白に仕上げたい時にも影模様は最適ですね。

お持ちであればワックスペーパーを使うとより作業がしやすくなります。小さくカットしてペーパーの表面を擦ることで、スタイラスの滑りが良くなってスコアラインがスムーズに入ります。

スタンプでカードを仕上げたい場合は、作業の順序にご注意が必要です。凸凹模様を入れた後だとスタンプが部分的に欠けてしまう場合があるのです。その場合は先にスタンプをし、ペーパーを伏せるようにスコアリングボードにセッティングしてラインを入れます。

2つ折りカードを作るなど、厚手のペーパーにしわを寄せずに折り目をつけるための道具、スコアリングボード。せっかくお持ちなら、デコラティブな使い方にもチャレンジしてみませんか?カードデザインの幅がぐんと広がります。

この記事で紹介したアイテム

前の記事をみる次の記事をみる
marikobrownmarikobrown
編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在...
前の記事をみる次の記事をみる