ハンドメイド専用のSNSアプリ・croccha(クロッチャ)
ログイン会員登録
ヒートエンボスの基本(エンボスパウダーとヒートツールの使い方)
基礎テクニック
2020年06月22日

ヒートエンボスの基本(エンボスパウダーとヒートツールの使い方)

お気に入りに追加

ペーパークラフトにおけるエンボスとは、紙の表面に凸凹模様を入れる手法の総称です。カードやタグ、アルバムページを飾る際に他より少し高くなった部分があると、テクスチャが加わったり陰影ができたりして、趣が生まれます。 

  

エンボス加工は、大きく分けてウェットとドライの2種類。今回はウェットの方、ヒートエンボス加工にスポットライトを当てましょう。 

  

簡単にいうと、スタンプをした画像に粉をかけ、熱で溶かして定着させるというのがヒートエンボス。普通にインクでスタンプしたところは色が違うだけで平らですが、粉が溶けて固まったところは他より高さが出て、手で触るとぷくっとしています。 

  

エンボス用のパウダーは色が豊富に揃っているだけでなく、つやつやのエナメル加工、ピカピカのミラーのようなメタリック加工、キラキラのグリッターの入ったザラザラ加工など、テクスチャもいろいろ。美しい光沢が楽しめるので、招待状、席札などのウェディングの手作りペーパーアイテムにも好まれる手法です。 

  

意外と簡単なのに手作りしたとは思えないような仕上がりに、きっとますますペーパークラフトにのめり込んでしまうことでしょう。 

ジャンル:
ペーパー
クラフトペーパー クラフト
  • #カード
  • #スタンプ
  • #ウエディング
  • #ペーパークラフト
  • #ヒートエンボス
  • #ヒートツール
  • #エンボスパウダー
  • #エンボスヒーター

目次

  1. 1.材料と道具
  2. 2.使い方
  3. 3.まとめ

1.材料と道具

https://static.croccha.com/contentful/7xzSADNqx9K507ZlM5d853.jpg

・スタンプ
・エンボシングインク
・エンボシングパウダー
・ヒートツール
・ペーパー
・(あれば)静電気防止剤

2.使い方

ヒートエンボスには専用のインクの他、乾きの遅いピグメントインクも使えます。

https://static.croccha.com/contentful/79T8kSWRpWt7jQRWqEaI1b.jpg

ツキネコ社のバーサマークは、ウォーターマークスタンプパッドとなっている通り薄い紙に透かし模様を入れたり、カラーペーパーのインクのついた部分をワンシェード濃くしたりできる、多目的なインクです。

インクそのものは透明で、ねちっとした感触の乾きの遅い性質を持っています。

https://static.croccha.com/contentful/21VuLfdLO4AscCBbC0yECR.jpg

カラーのインクでスタンプするのと同じように、ウッドマウントのラバースタンプやアクリルブロックに貼り付けたクリアスタンプにインキングをして…

https://static.croccha.com/contentful/66s2SzXa26PZT4jl6xOOgF.jpg

ペーパーに押します。

https://static.croccha.com/contentful/5ltzOCPbyagCdbGJG6y4YT.jpg

黒のペーパーの上で白鳥さんが濡れたようにワンシェード濃くなっているのがお分かりいただけるかと思います。このまま乾かして、色の濃淡を活かしたカードの背景作りもできるのがバーサマークです。

https://static.croccha.com/contentful/2Gv3fU39gqhokrfXb8S0J2.jpg

白のエンボシングパウダーを使って、白鳥さんを真っ白にします。

https://static.croccha.com/contentful/6RRfjdLzDDQ8zzoiEybClO.jpg

インクをつけたところをめがけてエンボシングパウダーを振るのですが…

https://static.croccha.com/contentful/6XabT8jPOF7VzzDK51D8Up.jpg

コピー用紙やカードストックなど、ふたまわりくらい大きいサイズのペーパーの上で作業すると無駄がなく、後片付けが楽になります。

https://static.croccha.com/contentful/WdzjifLrfKnAZaG1LcfxS.jpg

ペーパーを真ん中で半分に折って…

https://static.croccha.com/contentful/4jzazXWJCDyfRkWwkepYz5.jpg

開きます。

https://static.croccha.com/contentful/37moWkMKGsew2DjGikSQJt.jpg

この上にインクをつけたカードを置いて、エンボシングパウダーを振りかけます。

https://static.croccha.com/contentful/1YDKVZWszLdlPQkof5jCKA.jpg

たっぷり振りかけたら、カードを逆さまにして余計なパウダーを落とします。

https://static.croccha.com/contentful/4eGt0AQRC8cCUrAsGniPUe.jpg

静電気でパウダーがポツポツと残っていたら、ブラシなどで払います。

https://static.croccha.com/contentful/4W4vUcMO36dtMOdqKvaqTr.jpg

折り目をつけたペーパーの上で作業したので、余分なパウダーはさらさらっと簡単に容器に戻せます。

https://static.croccha.com/contentful/3LacbHaOckSsNtkIcgeSLE.jpg

パウダーに熱を加えて溶かすには、ヒートツール、エンボスヒーター、またはヒートガンと呼ばれる、高温のドライヤーのような道具を使います。

https://static.croccha.com/contentful/15MqihkvgoFz6AeYpv1Zah.jpg

エンボスに使われたことがなくても、レジンの気泡抜きやプラ板作りなど他のハンドメイドジャンルで目や耳にしたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

近すぎると風でパウダーが飛んでしまう可能性があるので、10cmくらい離して加熱します。

https://static.croccha.com/contentful/3i419fjw1s5ovs5ttIbPQk.jpg

部分的にパウダーが溶けてきました。

https://static.croccha.com/contentful/t0Q8gOuMVhHt38b5dlqPG.jpg

一箇所を集中的に加熱しているとペーパーが歪んできたり焦げ臭くなったりすることがあるので、ヒーターの先を移動させたり時々裏側から熱を当てたりしながら全体を溶かしていきます。

加熱前と加熱後を比較してみましょう。
こちらは溶かす前のパウダー状態。

https://static.croccha.com/contentful/2PlQEuUR5IFWDczBmj0qxY.jpg

加熱後はパウダーが溶けて白さが増し、つやつや、つるつるのエナメル状態になっています。

https://static.croccha.com/contentful/3SGn7EUgYmRrg279vmPzFg.jpg

ブラシで払いきれなかった粒が残ってしまいました。

https://static.croccha.com/contentful/7uxYEzv8wDj4TaZracrpj3.jpg

これには私も最初は悩まされていたのですが、静電気防止剤の存在を知ってからはストレスがなくなりました。

布製のパウチに静電気防止効果のある粉が入っています。

https://static.croccha.com/contentful/PHKmB7pE5FxZYyutfWtss.jpg

これでインクをつける前にペーパーを擦ります。

https://static.croccha.com/contentful/74hpRFGulDa43PUAV51ycn.jpg

インクをつけてスタンプ。

https://static.croccha.com/contentful/2lzYKlXRh6BgqVmmCU9Yz9.jpg

エンボシングパウダーを振りかけます。

https://static.croccha.com/contentful/5rypIxOGTM27Bl1sJqEcpa.jpg

カードを逆さまにして指でトントンと軽く叩くだけで…

https://static.croccha.com/contentful/4WAsxvS5qgnV5lmzwwXbFO.jpg

余計なパウダーはほとんど落ちています。

https://static.croccha.com/contentful/28RofpjhUKN7ARQA8XNSYy.jpg

ヒートツールで加熱しました。静電気防止剤の粉でペーパーが曇ったように見えますが、エンボスパウダーと違って熱で定着しているわけではないので、ペーパータオルなどでさっと拭けばクリアな色が戻ります。

https://static.croccha.com/contentful/6ITL9eZHHzxehCfkpHz0ci.jpg

クラフトカラーや真っ黒な背景に白を際立たせるのも美しいですが、ヒートエンボスといえばメタリックカラー!ゴールド、シルバー、コッパー、プラチナ、ブラス など、さまざまな色味を楽しんでいます。

https://static.croccha.com/contentful/3dY0036mARsrHXLZ8Gbrz.jpg

熱で溶けると輝きが増します。

https://static.croccha.com/contentful/7nssLE5czw6EXSvyoBYYpl.jpg

黄金の白鳥さん。

https://static.croccha.com/contentful/6WU9pD4aAP0itNYEnGI8Ld.jpg

ビビッドカラーのパウダーも可愛いです。

https://static.croccha.com/contentful/3HzhoOu3FzjxzuXFhxjn7Z.jpg

これはエナメル風に仕上がりますが、メタリックな赤やグリッター入りの乱反射する赤など、同じ色でもテクスチャでいろいろ遊べます。

https://static.croccha.com/contentful/7MYFnPW2DFDdoUC519jyt5.jpg

きっとつやっつやの出来栄えに感動しますよ。

https://static.croccha.com/contentful/2aIWFu5XAeV2shplueeYf2.jpg

3.まとめ

ペーパークラフト作品に色だけでなく、光沢や手触り、影なども与えてくれるヒートエンボス。やり方を知らない頃は、まさか自宅で簡単にできるなんて夢にも思っていませんでした。今では日常的にペーパークラフトに取り入れています。

ヒートツールはエンボスパウダーを溶かすだけでなく、ペイントやインクを早く乾かしたい時のドライヤーとしても使っています。ペーパークラフト以外では、レジンの気泡処理に。
今まで爪楊枝でプツプツやっていたのは何だったの?と馬鹿馬鹿しくなっちゃうくらい、あっけなく消せるんです。様子を見ながら加熱できて便利とのことで、プラ板に活用される方も多いようです。

あると便利なヒートツール。ヒートエンボスデビューにぜひお試しいただけたらと思います。

この記事で紹介したアイテム

  • 【ツキネコ/TUKINEKO】スタンプインクパッド - バーサマーク (エンボスパウダーに)
    【ツキネコ/TUKINEKO】スタンプインクパッド - バーサマーク (エンボスパウダーに)
    ¥770
  • 【呉竹】エンボスヒーター
    【呉竹】エンボスヒーター
    ¥2,530
  • 【ヒーローアーツ/Hero Arts】エンボスパウダー - Detail Black
    【ヒーローアーツ/Hero Arts】エンボスパウダー - Detail Black
    ¥748
  • 【ヒーローアーツ/Hero Arts】エンボスパウダー - White
    【ヒーローアーツ/Hero Arts】エンボスパウダー - White
    ¥734
  • 【ヒーローアーツ/Hero Arts】エンボスパウダー - Copper
    【ヒーローアーツ/Hero Arts】エンボスパウダー - Copper
    ¥734
  • 【ヒーローアーツ/Hero Arts】エンボスパウダー - Gold
    【ヒーローアーツ/Hero Arts】エンボスパウダー - Gold
    ¥734
  • 【ヒーローアーツ/Hero Arts】エンボスパウダー - Silver
    【ヒーローアーツ/Hero Arts】エンボスパウダー - Silver
    ¥734
  • 【ヒーローアーツ/Hero Arts】エンボスパウダー - Red
    【ヒーローアーツ/Hero Arts】エンボスパウダー - Red
    ¥748
  • 【EKサクセス/EK Success】パウダーツール(粘着除去パウダー)
    【EKサクセス/EK Success】パウダーツール(粘着除去パウダー)
    ¥1,320
  • 【ヒーローアーツ/Hero Arts】エンボスパウダー - Platinum
    【ヒーローアーツ/Hero Arts】エンボスパウダー - Platinum
    ¥734
前の記事をみる次の記事をみる
marikobrownmarikobrown
編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在...
前の記事をみる次の記事をみる