カラーフィルムを使ったレジンのイヤリングの作り方
作品レシピ
2020年07月17日

カラーフィルムを使ったレジンのイヤリングの作り方

お気に入りに追加

ハンドメイドの材料として、長く人気の続いているレジン。特に、レジンならではの透明感が、夏のアクセサリーを作るのにぴったりです。今回は、その中でも気軽に手軽に使えるカラーセロハンを使ったアクセサリーをご紹介します。 

透明なレジンにカラフルなセロハンが映え、とっても綺麗です。100均で手軽に購入するころもでき、着色料を使わずに色を入れることができるので、道具も少なくてすみますよ。 

カラーセロハンは、ハサミで自由自在好きな形に小さくカットして使用します。お好みの形で作れますが、今回はちょっぴり細長くカットしたセロハンを使い、フレームパーツに流し入れて作る方法で作ってみました。ぜひ、参考にしてみてください。 

 

ジャンル:
レジンレジン

目次

  1. 1.材料・道具
  2. 2.作り方
  3. 3.まとめ

1.材料・道具

kiji156 01

・UV/LEDレジン液

・カラーセロハン

・フレームパーツ

・パールやガラスパーツ、プラパーツなど

・マスキングテープ

・イヤリングまたはピアス

kiji156 02

・UV/LEDライト

・手袋

kiji156 03

・ペンチ

2.作り方

マスキングテープの両端を粘着面側に折り込み、真ん中の粘着部分にフレームパーツをのせます。

kiji156 04

薄く全体にレジン液を流します。

kiji156 05

細長くカットしたカラーセロハンをフレーム枠より小さくカットし、お好みでのせていきます。

kiji156 06
kiji156 07

今回は、ランダムに縦横いろんな向きでのせてみました。
UV/LEDライトで照射して、一度固めます。

kiji156 08

もう一度、全体にレジン液を流します。

kiji156 09

UV/LEDライトで照射して固めたら、裏側にもレジン液を全体に広げるように流し、再度ライトで固めます。

kiji156 10

時間はかかりますが、固める工程はすべて自然光でも可能です。

再度表を向けて、ややぷっくりなるようにレジン液を流したら、ひと回り小さなフレームパーツを重ねます。(写真参照)

kiji156 11
kiji156 12

重ねたら、更に重なった部分にレジン液を流し、パールやプラパーツなどをのせます。

kiji156 13

UV/LEDライトにあてて、固めます。

固まったら、小さいほうのフレームパーツに丸カンを通し、イヤリングとつなげます。このイヤリングの場合、丸カンを2つ挟むと装着時まっすぐ向くようになります。つけるアクセサリーパーツによって調節してください。

kiji156 14
kiji156 15

完成です。

kiji156 16

3.まとめ


夏らしい涼しげなアクセサリーが完成しました。今回は、爽やかなイメージで青・緑・黄色の3色を使いましたが、今回購入したカラーセロハンには赤とピンクが入っていました。暖色ですが、透明感があるので、赤・ピンクを入れてもとても綺麗です。セロファンの形を変えたり、色を変えるだけでもがらりと雰囲気も変わり、簡単に自分だけのオリジナルアクセサリーができあがりますよ。

フレームパーツもセロハンもアクセサリーパーツもほとんどの材料を100均で揃えることができるリーズナブルなこのアクセサリー。フレーム以外にも、シリコンの型に入れた作品もおすすめです。ぜひ一度作ってみてください。

こちらの記事も参考にどうぞ!

https://web.croccha.com/magazines/resin_watermelon_acce

https://web.croccha.com/magazines/steampunk_acce

https://web.croccha.com/magazines/resin_chocolate

この記事で紹介したアイテム

前の記事をみる次の記事をみる
kaho15kaho15
レジンが好きな働く主婦です(*^_^*) 特にアクセサリーが好きで、ピアスイアリングパーツを中心に大...
前の記事をみる次の記事をみる