ステンシルで遊ぼう!スポンジダウバー、インクブレンディングツール、ブレンダーブラシの使い方
基礎テクニック
2020年06月28日

ステンシルで遊ぼう!スポンジダウバー、インクブレンディングツール、ブレンダーブラシの使い方

お気に入りに追加

カード作りにはスタンプが最もよく使われますが、ステンシルも人気があります。ハートや星形、お花などのモチーフやアルファベットなどが切り抜かれた薄いシートをペーパーに乗せ、上からインクをつけて模様を写すのがステンシル。原理はとても簡単です。 

  

インクのアプリケーション方法は、スポンジ、ブラシ、スプレーなどなど、今思い付くだけでも7、8種類。それぞれに長所と短所があるので、ステンシルのデザインや用途、表現したいイメージなどに応じて使い分けています。 

  

今日は4種類の方法をご紹介いたします。 

ジャンル:
ペーパー
クラフトペーパー クラフト

目次

  1. 1.材料と道具
  2. 2.作り方
  3. 3.まとめ

1.材料と道具

https://static.croccha.com/contentful/6ni1gbgfs8b6rAooyuBRyQ.jpg

・ステンシル
・インクパッド
・スポンジダウバー
・インクブレンディングツール
・ブレンディングブラシ

2.作り方

七夕にちなんで、大小のお星さまのステンシルを使いましょう。

https://static.croccha.com/contentful/2K6WsqWnLieDr2lmqKOT9t.jpg

ステンシルを使う時は、インクをつけている時にペーパーがずれないよう、仮止めテープやマスキングテープなどでカードを固定します。

https://static.croccha.com/contentful/33PnMYbCQVjTZtQwYyNlhy.jpg

直接テーブルに固定してもよいですが、チラシなど要らない紙を使うとそれ自体を回転させられるので、インクがつけやすくなります。

https://static.croccha.com/contentful/w736vH4q6iBS0E4ZwqAwf.jpg

ペーパーの上にステンシルをかぶせ、マスキングテープなどで止めます。これで下のペーパーもステンシルもずれません。

https://static.croccha.com/contentful/5yU3wAdQsVYunDRqYBk3P1.jpg

ひとつめの方法は、アプリケーションの道具を使わないDTPというインキング方法です。小さいインクパッドが向いています。

https://static.croccha.com/contentful/3qSgxvU0l1JQf2ezZnLVs1.jpg

DTPとは、Direct To Paperの頭文字を取ったもの。ペーパーに直接、という意味のスタンプ用語です。

インクパッドを逆さまにして、ステンシルの上から直接擦ります。ピンポイントでインキングしたい場合は、しずく型をしたパッドが便利です。

https://static.croccha.com/contentful/8RWQk5AWyHYrIupyLuKnp.jpg

色を変えるのも、別のインクパッドに持ち替えるだけなので手軽です。

https://static.croccha.com/contentful/5wKobTrnfYPLedW3bb2s81.jpg

道具なしでステンシルができました。DTPでのステンシルは、のっぺりとした平面的な、プリントのような雰囲気が魅力です。

https://static.croccha.com/contentful/2HBirdSawjeGmYQNtfzlIr.jpg

道具を使わないので、いちばん手っ取り早くステンシルが楽しめる方法です。

次の方法では、スポンジダウバーというツールを使います。

https://static.croccha.com/contentful/NvRhZcBSf5x3zdmClhZ4s.jpg

先が丸くスポンジで覆われているアプリケーター。こんなふうに指にはめて使います。

https://static.croccha.com/contentful/1rKHUBROnetb7s5QzW1db7.jpg

パッドに何度か押し付けてスポンジにインクを取って…

https://static.croccha.com/contentful/4Y9AmE9x9MntBPMHadvgZ.jpg

ポンポンポンと色をつけていきます。

https://static.croccha.com/contentful/18ofxEmkshDZnugxfWfTmR.jpg

インクパッドを直接擦る方法との違いは、強弱がつけやすいこと。全体にうっすらインクをつけたところでストップすれば…

https://static.croccha.com/contentful/5vtoM1kKnQHyvCbV9qiTqo.jpg

淡い色に仕上がります。

https://static.croccha.com/contentful/Isg0FAw4s6TE0tVUNthwC.jpg

同じところを何度も重ねるようにインクを叩けば…

https://static.croccha.com/contentful/1BuT2l7DbD5WAP7hYgcLXV.jpg

しっかりめの色味になります。

https://static.croccha.com/contentful/5O8bZyJJS1wDEYNtMuuRXd.jpg

強弱を変えて、3シェードのお星さまになりました。どれも同じ色のインクパッドでステンシルしています。

https://static.croccha.com/contentful/3UqBOKg9CCuwwQ9t2wcpmy.jpg

スポンジダウバーはいくつか用意して、色ごとに使い分けるとインクが混ざらず長く使えます。

https://static.croccha.com/contentful/3hNod7lOL7HHBKmmlVnLjN.jpg

スポンジダウバーは、日本製。文房具店などでも扱いがあり、比較的安価です。気軽に買い足しができるところもスポンジダウバーの利点でしょうか。

次は、カードクラフターさんたちの間で絶大な人気を誇るステンシル方法。インクブレンディングツールと呼ばれる、ウッドのハンドルがついたスポンジパッドのアプリケーターを使います。

https://static.croccha.com/contentful/75JyJcVEUKQEyzrkhVPrZq.jpg

スポンジにインクをとって…

https://static.croccha.com/contentful/1z9BXIK9gJ10zw8I28QLQH.jpg

螺旋を描くようにくるくると回しながらインクを移します。

https://static.croccha.com/contentful/4g2acKv7lvOED002HkCn6l.jpg

インクブレンディングツールの強みは、綺麗なグラデーションができること。青空や夕焼け空など、ステンシルを使わずにこれだけで背景を埋めることもあります。

https://static.croccha.com/contentful/15vdqckKXUnc6leOprN4UD.jpg

濃いピンク、薄いピンク、オレンジの3色を使って、オンブレ効果を出しました。

https://static.croccha.com/contentful/69CuTUtm7jElvVa7j8Dt9p.jpg

インクブレンディングツールはスポンジダウバーと違ってパッドが取り外せるので、本体ひとつで複数のインクに使えます。

https://static.croccha.com/contentful/74OEMbPYWGA2iYLSSpEPZD.jpg

続いては、私が今、いちばん夢中になっている方法です。ブレンダーブラシという、比較的新しいツールを使います。

https://static.croccha.com/contentful/rxuMb4ZNFbDVWKnrgF9p9.jpg

ブレンダーブラシは極細のブリストルがみっしりと埋め込まれたブラシで、こんもりと丸くカットされているのが特徴です。

https://static.croccha.com/contentful/qpjfo0ySOWxnRF2loUjFY.jpg

ハンドルがカーブしているので持ちやすく、手が疲れません。

https://static.croccha.com/contentful/64D1wzGdyUeZpCXhhCnT2w.jpg

パッドを擦ってブラシにインクを取り…

https://static.croccha.com/contentful/1dsn9TjmxyVTRWHcF8czuv.jpg

螺旋を描くようにくるくると回しながらインクを移します。

https://static.croccha.com/contentful/6qZ8FLNGsJ0f2jHZZFdP0.jpg

スポンジパッドのインクブレンディングツール同様、このブラシも綺麗なグラデーションが作れるのが魅力です。

https://static.croccha.com/contentful/5Fq8jflFchkNq4JuTYW03a.jpg

スポンジよりも、ブラシの方がコツ要らず。力加減や方向などあまり気にせずにくるくるしても、美しい濃淡が表現できます。

反対側から、ピンクのインクでグラデーション。

https://static.croccha.com/contentful/30rwdYi3Q0H0VTviBoj5N3.jpg

さらにブルーも取り入れて…

https://static.croccha.com/contentful/3h4dewCU28xMDmKKNWsDZU.jpg

ゆめ可愛いふんわりしたイメージになりました。

https://static.croccha.com/contentful/22DuNJnGpdsUBjKsoGjrhq.jpg

インクブレンディングツールで作ったものと並べてみましょう。左がブラシ、右がスポンジパッド。どちらも綺麗なオンブレ効果が出ています。

https://static.croccha.com/contentful/F25Z8IGTVn9B7nmGDDs5P.jpg

でもよくみると違いがわかります。薄いシートでできていると言っても、ステンシルには厚みがあります。ブラシの場合(パープル)、極細のブリストルが隙間に届くので星の角まできっちり出ていますが、スポンジパッド(ピンク)は届かないので輪郭がぼんやりしています。

https://static.croccha.com/contentful/6S08dzRXd9LzyklldwpoFm.jpg

星の大きさも、ブラシを使った方はほぼステンシルの切り抜きと同じサイズになっていますが、細部まで届いていないスポンジパッドでは小さめに仕上がっています。

ステンシルのデザインや好みの雰囲気に合わせ、使い分けると良いと思います。

3.まとめ

カード作りの手法として人気のあるステンシル。今日は4種類のアプリケーション方法をご紹介いたしました。

ツール要らずでインクパッドさえあればすぐに試せるDTPは、いちばんお手軽でお手頃なステンシル方法。平面的でのっぺりとした、プリントのような印象に仕上がるのが魅力です。

日本の文房具店のスタンプコーナーなどでも見かけるスポンジダウバーは、比較的安価で手に入りやすい、気軽なステンシル方法。強弱がつけられるのがポイントです。

ブレンディングツールは、アメリカのペーパークラフターさんの間ではマストアイテムのひとつになっている人気ツール。グラデーションがとても綺麗に表現できるのが強みです。

そしてブレンダーブラシ。セット売りのみなのでお値段は張りますが、さすがスタンプメーカーが開発した専門ツールだけあり、使いやすくて仕上がりも大満足!私はこれのおかげでますますステンシルが好きになりました。

アプリケーターには、それぞれに利点があります。ぜひお好みの方法を見つけ、ステンシルをペーパークラフトに取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したアイテム

前の記事をみる次の記事をみる
marikobrownmarikobrown
編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在...
前の記事をみる次の記事をみる