ハンドメイド専用のSNSアプリ・croccha(クロッチャ)
ログイン会員登録
ダイカットマシンの使い方(シジックスのフォルダウェイ編)
基礎テクニック
2021年04月22日

ダイカットマシンの使い方(シジックスのフォルダウェイ編)

お気に入りに追加

ずっしりどっしり安定感抜群の頼れるマシンなのに、コンパクトにたためて収納にも優れたシジックスのダイカットマシン、フォルダウェイ。ホワイト&グレーのおしゃれなボディカラーも魅力です。基本の使い方をご紹介いたします。 

ジャンル:
ペーパー
クラフトペーパー クラフト
  • #ダイ
  • #カード
  • #クラフト
  • #ダイカット
  • #ダイカットマシン
  • #ペーパークラフト
  • #使い方

目次

  1. 1.材料と道具
  2. 2.使い方
  3. 3.まとめ

1.材料と道具

foldaway 02

・シジックスフォルダウェイ
・プラットフォーム(付属品)
・アダプター(付属品)
・カッティングパッド(付属品)
・ダイ
・ペーパー

2.使い方

レギュラーサイズのダイカットマシンと聞くと、机のほとんどをどーんと占領するような大きな装置を想像しますが、フォルダウェイはこんなにコンパクトハンドルも本体側に向けてロックできるので、収納棚からはみ出すこともありません。

foldaway 01

プレート類を置くベースもハンドルも、使う時のみ広げられます。ハンドルを通常位置に出すためのスイッチは、クランクのにあります。

foldaway 03

スイッチ部分を掴んで指で押し下げた状態で…

foldaway 04

クランクを横に引けば…

foldaway 05

ハンドルが外側を向き、回せる状態になります。

foldaway 06

ベースを広げるには、トップに指を入れて…

foldaway 07

開きます。

foldaway 08

両方のベースを開いたら…

foldaway 09

内側へ押し込んで固定します。

foldaway 10 arrows

ベースを開いただけだと本体との間にギャップがあります。

foldaway 11

中央に向かって押し込み、ロックすると完全な水平になります。

foldaway 12

ベース部分にはちょっとしたスペースがあるので…

foldaway 13

ハサミやピンセットなど、ダイカットの際に欲しいツール類が収納できます。

foldaway 14

ダイカットマシンには、いくつかの付属品があります(本体に付いてきます)。こちらはプラットフォーム。

foldaway 15

厚みのあるアクリルのブロックで、ハンドルを回してダイとペーパーをマシンの向こう側へ送り出す時の荷台のような役目をします。

foldaway 16

こちらはアダプター。ほとんどのメーカーがフォーマットとしている、薄いステンレスのダイを使う際に圧力調整のために挟みます。

foldaway 17

プラットフォームよりもうんと薄いアクリルのプレートです。

foldaway 18

そしてカッティングパッド。ダイとペーパーを挟むサンドイッチのパンの役目をするので、2枚必要です。

foldaway 19

カットしてみましょう。

foldaway 20

薄いタイプの通常のダイでカットする場合は、プラットフォームの上にアダプターを乗せて…

foldaway 21

その上にカッティングパッドを1枚。

foldaway 22

カッティングパッドの上にペーパーを乗せて…

foldaway 23 a

ダイの刃の方を下に向けて伏せるように置き…

foldaway 23 b

2枚めのカッティングパッドを被せます。

foldaway 24

ダイカットマシン本体のいずれのベースの上に設置して…

foldaway 25

ハンドルを回します。

foldaway 26

クルクル回すとプレート類がマシンの向こう側へ送り出され…

foldaway 27

ペーパーがカットされます。

foldaway 28

カッティングパッドには、刃の傷がつきます。これは自然なことです。

foldaway 29

何度も使ううちに透明だったパッドの向こうが見えないくらい傷だらけになり、さらに圧力でそり返ってきますが、カットに支障はありません。

foldaway 30

カッティングパッドは別売りされていますので、傷跡がペーパーの表面に模様をつけるようになったり、カットしたフェルトや布地が食い込んで剥がしにくくなったりしてきたら、買い替えされると良いでしょう。

シジックスのミニマシン、サイドキック(詳しくはこちら)でダイカットデビューされてる方もいらっしゃることでしょう。カッティングプレートを並べてみると、こんなにサイズが違います。

foldaway 31

レギュラーサイズのフォルダウェイがあれば、サイドキックには入らなかった大判ダイを使ったペーパークラフトも楽しめます。

foldaway 32

サイズを活かして、こまごまとしたパーツを一気にカット!も可能です。

foldaway 33

1回のカットでパーツが揃い、すぐにカードのアセンブリーに取り掛かることができます。

foldaway 34

ビッグズ(Bigz)という、フォーマットの違うダイもカットできます。

foldaway 35

薄いステンレスのダイに慣れていると、「いったい何だろう?」と疑問に思うような形とサイズ。

foldaway 36

片側がスポンジ素材になっていて、この中にダイの刃が埋まっているようです。薄いステンレスのダイよりもヘヴィデューティーで、チップボード、レザー、メタルシートなど、ペーパー以外の素材にも対応できるのが利点です。

foldaway 37

ビッグズダイを使う際は、プラットフォームとアダプターは要りません。カッティングパッドに刃(スポンジ素材側)を上に向けて置き…

foldaway 38

その上にカットしたいもの(ペーパー、フェルトなど)を乗せます。

foldaway 39

もう1枚のカッティングパッドを被せ…

foldaway 40

マシンにセットして、ハンドルをクルクル。

foldaway 41

気持ち良いくらい、スパッとカットされました。

foldaway 42

マシンを使い終わったら、ベースを左右から引っ張ってロックを外し…

foldaway 43

畳みます。

foldaway 08

ハンドルも戻せば、収納しやすいコンパクトな状態に。

foldaway 02

すぐに手が届く棚や机の足元に置いても邪魔にならないので、いつでも使えて便利です。

3.まとめ

作りが大変しっかりしていて、丈夫で頼れるカッティングツール、フォルダウェイ。これまで使っていた同レベルのマシンは底が吸盤になっていましたが、フォルダウェイはそれがなくても安定する、ずっしり&どっしりなマシンです。

タフな中身とは裏腹に、見た目はホワイトとグレーのおしゃれな姿。しかもコンパクトにたためるので、収納場所も取りません。

ダイカットマシン初心者さんにも、買い替えをご検討のベテランクラフターさんにも、ぜひぜひお試しいただきたいフォルダウェイ。私のクラフトルームにはなくてはならない存在です!

この記事で紹介したアイテム

  • 【シジックス/Sizzix】ダイカットマシン-フォルダウェイ スターターキット-Big Shot Foldaway(White & Gray)☆送料無料☆
    【シジックス/Sizzix】ダイカットマシン-フォルダウェイ スターターキット-Big Shot Foldaway(White & Gray)☆送料無料☆
    ¥22,000
前の記事をみる次の記事をみる
marikobrownmarikobrown
編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在...
前の記事をみる次の記事をみる