ハンドメイド専用のSNSアプリ・croccha(クロッチャ)
ログイン会員登録
棒針編みに挑戦!ガーター編みのスワッチを作ってみよう
作品レシピ
2020年12月28日

棒針編みに挑戦!ガーター編みのスワッチを作ってみよう

お気に入りに追加

かぎ針を使った細編みでつくるエコたわしがすっかり気に入っていましたが、ふと「棒針で編んだらどうかしら?」と思って試してみたところ、弾力といい、絞りやすさといい、ガーター編みが最適!お皿洗いに大変使いやすく、少し大判に作ったものはキッチンまわりのお掃除にも便利なクリーニングパッドになりました。 

 

基本のガーター編みのご紹介です。 

ジャンル:
編み物編み物
  • #編み物初めて
  • #初心者編み物
  • #エコたわし
  • #毛糸
  • #編み物
  • #キッチン雑貨
  • #編み針
  • #ニット
  • #棒針編み
  • #クロバー

目次

  1. 1.材料と道具
  2. 2.作り方
  3. 3.まとめ

1.材料と道具

garter stitch supplies

・アクリル毛糸
・棒針
・糸切りバサミ
・とじ針

2.作り方

出来上がりサイズの幅の3、4倍の長さのところに、調節可能なループ(作り方はこちら)を作ります。私は15cm幅に仕上げるので、糸端から50cmほどのところにループを作りました。

garter 01

ループに棒針の先を入れます。

garter 02

毛糸の玉から出ている糸が向こう側に…

garter 03

切った糸端が手前に来るようにします。

garter 04

左の手で両方の糸を掴んで…

garter 05

上から人差し指と親指を差し込みます。

garter 06

指を開いて…

garter 07

くるっと上に向けます。

garter 08

親指にかかっている手前側の糸を、下からすくって…

garter 09

針先を人差し指の方へぐいっと移動させます。

garter 10

人差し指にかかっている糸の下に針先をくぐらせて…

garter 11

指にかかっている糸と糸の間に持ってきて…

garter 12

そのままさらに針先を移動させて、親指にかかっている糸の間に通します。

garter 13

針先をくるっと上に向けて…

garter 14

指にかかっている糸を外します。

garter 15

垂れている2本の糸を親指と人差し指にかけて開くような感じで軽く締めます。あまりぎゅうぎゅうにすると1段めを編む時にきつくて針先がうまく入らないので、ゆったりめを心がけます。

garter 16

最初に作ったループがひとつめの編み目になるので、これで2目です。

そのまま指をくるっと上に向けて、次の目を作ります。

garter 17

親指にかかっている手前側の糸を、下からすくって…

garter 18

針先を人差し指の方へぐいっと移動させ、人差し指にかかっている糸の下に針先をくぐらせて…

garter 19

そのままさらに針先を移動させて、親指にかかっている糸の間に通します。

garter 20

ループが3つになりました。

garter 21

指から糸を外します。

garter 22

人差し指と親指で開くようにループの根本を軽く締めます。

garter 23

指をくるっと上に向けて、4つ目のループを作ります。

garter 24

これを繰り返し、希望の目数を作ります。私は25目作りました。

garter 25

これを作り目と呼びます。かぎ針編みでいうと、最初のくさり編みに相当します。ちなみに英語では、キャストオン(cast on)と言います。

ここまではどのスタイルの編み方でも同じですが、この先は2つの方式に分かれます。英語では「イングリッシュ」(English、イギリス式)と「コンチネンタル」(Continental、大陸式)という名称ですが、日本では前者を「アメリカ式」、後者を「フランス式」と呼ぶようです。

私はアメリカに移住してから棒針編みを覚えたので、後で知ってこれには少々驚きました。私が知る2つの他に、また別の方式があるのかと思ったのです!アメリカではイギリス式で編む人が圧倒的に多いので「アメリカ式」と呼んでしまっても支障はないと思いますが、英語圏で「フランス式」と言うと勘違いされる可能性が高いです。フランス式ニット(French knitting)と言ったら、日本で言う「リリアン編み」を指すからです。

大陸、つまり島国イギリスの対岸のヨーロッパ大陸で普及した編み方のことを言うので、他には「ジャーマン」(German、ドイツ式)などの別称もありますが、フレンチとはまず呼びません。おそらく日本だけで通じる特殊な編み物用語ではないかと思います。

私はアメリカ式(イギリス式)で編んでいますので、ここでもその手法でご説明いたします。

作り目をかけた棒針を利き手の反対(私は右利きなので、左手)で持ちます。毛糸玉は、右側に置きます。

garter 26

利き手でもう1本の棒針を持ち、手前側から最初のループの根本に針先を差し込みます。

garter 27

2本の針先をクロスさせた状態にします。

garter 28

利き手で糸を持ち…

garter 29

突き刺した針先の向こう側へ回します。

garter 30

時計と反対まわりにぐるりとかけて…

garter 31

下に向けて引っ張ります。

garter 32

右手の針を引き下ろし…

garter 33

先ほどぐるりとかけた糸をキャッチさせながら左手の針の前に持ってきます。

garter 34

2つめのループを指で押さえ、ひとつ目のループを左手の針から外します。

garter 35

2つ目を編みます。針先を最初のループの根本に差し込んで…

garter 36

突き刺して2本の針をクロスさせます。

garter 37

糸をつまんで…

garter 38

左手の針の向こう側へ。

garter 39

時計と反対まわりにぐるりと巻きつけて…

garter 40

下に引っ張ります。

garter 41

今かけた糸をキャッチさせながら右手の針を手前に持ってきます。右手の針を下げるときに左の人差し指で針先を押して補助すると、糸が外れる失敗が防げます。

garter 42

右手の針を手前に出すと、右手の針にループが2つになっています。

garter 43

次のループを指で押さえ、右手の針を左手の針から外します。

garter 44

糸を利き手の小指にかけておくと、常に適度に張った状態になり、とても編みやすくなります。

garter 45

これを24回繰り返し、最後のループにきました。

garter 46

ここも編み方は同じです。ループの根本に右の針先を差し込んで突き刺し、2本の針をクロスさせ…

garter 47

糸を時計と反対まわりにぐるりとかけて…

garter 48

糸を下に引っ張り、右の針を左の人差し指で押し下げ…

garter 49

かけた糸をキャッチして左の針から外します。

garter 50

1段めを編み終えると、作り目をした左手の針はフリーになります。

garter 51

右手の針には25目の作り目と、1段め。

garter 52

右手と左手の針を持ち替えて、左に編み地、右にフリーの針の状態から、2段めを編み初めます。

garter 53

編み方は、1段めとまったく同じです。

garter 54

25目編み、2段めを編み終えたところです。

garter 55

編み進めると、こんな模様になってきます。V字が並ぶストッキネット編み(メリヤス編み)ももちろん素敵ですが、ガーター編みのこの感じもいかにも手編みっぽくてあたたかく、私は好きです。

garter 56

大判のエコたわしが欲しかったので、18cmの長さになるまで編みました。

garter 57

編み終わりを綴じます。最初の2つの目は普通に編み、右手の針にループが2つある状態にします。

garter 58

左手の針の先で、右手の針の右端(針先から遠い方)のループを引っ掛けます。

garter 59

もうひとつのループ(針先に近い方)に被せるようにしながら針先の方に持っていき、右手の針から外します。

garter 60

右手の針を深めに差して安定させ…

garter 61

左手の針にかけた糸を外します。2つあった右手の針のループがひとつになりました。

garter 62

次は、普通にひとつ編みます。

garter 63

右手の針のループがまた2つになりました。

garter 64

針先から遠い方のループを左手の針の先にかけて…

garter 65

もうひとつのループの上に被せるようにしながら右手の針から外します。

garter 66

これを繰り返して反対の端まで編み綴じます。

garter 67

最後には、右手の針にループがひとつ、左手の針はフリーに。処理できるくらいの長さを残して糸をハサミでカットします。

garter 68

右手の針に残っている最後のループの中にカットした糸端を通して…

garter 69

引っ張ります。

garter 70

これで解けません。

garter 71

糸端はとじ針で処理します(詳しくはこちらへ)。

garter 72

掃除用具のフックにかけられるよう、くさり編みのループをつけました(付け方はこちら)。

garter 73

大判エコたわし・クリーニングパッドの出来上がりです。とても気に入り、すでに色違いも編んでいます。

garter 74

3.まとめ

かぎ針編みばかりの時は、「ハードルが高そう」とちょっぴり憧れを持って敬遠していた時期もある棒針編み。実際にやってみたら簡単で、夢中になってマフラーや帽子などたくさん編んだものです。

文中で触れたイングリッシュスタイル(アメリカ式)とコンチネンタルスタイル(フランス式)は、編み方は違っても編み上がりの作品は同じです。どちらがより早く編めるか、より手が疲れないか、よりきれいに編めるか…などなど、たびたび論議の対象になりますが、最終的には人それぞれ、という結論になるようです。

初心者さんは、偏見を持たずにとりあえず両方の方式でトライしてみると良いと思います。長年フランス式派さんも、冷やかし半分でアメリカ式を試してみると新しい発見があるかも?アメリカ式は右利きニット方法(right-handed knitting)の別名もあるくらいなので、やってみる価値ありかもしれません。

この記事で紹介したアイテム

  • ハマナカ 毛糸とじ針(6本セット) 【メール便可】
    ハマナカ 毛糸とじ針(6本セット) 【メール便可】
    ¥356
  • ギンガーはさみ-Gingher Stork Embroidery Scissors
    ギンガーはさみ-Gingher Stork Embroidery Scissors
    ¥3,718
  • クロバー竹棒針「匠」2本針 6号〜15号
    クロバー竹棒針「匠」2本針 6号〜15号
    ¥704
前の記事をみる次の記事をみる
marikobrownmarikobrown
編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在...
前の記事をみる次の記事をみる