ナチュラルなツリー風ハーバリウムの作り方
作品レシピ
2020年12月19日

ナチュラルなツリー風ハーバリウムの作り方

お気に入りに追加

クリスマスになると可愛い飾りがたくさん売られていて、見るだけでもワクワクします。そんな市販の飾りを毎年ひとつずつ増やして楽しんでいる我が家ですが、ツリーは出す場所も片付ける場所もなくて、最近は家族でツリー風のハーバリウムを作って楽しんでいます。 

 

円錐型の瓶に、クリスマス色の素材を入れるだけでどことなくツリー風になるこのハーバリウムは、出し入れの手間も省けて、場所も選びません。玄関先やリビング、トイレなどお好みの場所にさりげなく飾ることができます。 

 

入れる素材は、緑または白をメインに赤やゴールド、シルバーなどの色を加えていくのがおすすめです。緑の場合は、色の濃いものを使うとよりツリーの雰囲気がでますが、今回はあえてちょっぴりナチュラルな雰囲気をだすため、薄めのグリーンにシナモンを加えて、優しい雰囲気を出してみました。 

 

ジャンル:
ハーバリウムハーバリウム

目次

  1. 1.材料・道具
  2. 2.作り方
  3. 3.まとめ

1.材料・道具

kiji196 01

・お好みの花材…赤・白・緑・ゴールド・シルバー系がおすすめ

・カーリースモーク

kiji196 02

・ハーバリウム瓶(円錐)

・ハーバリウムオイル
※今回使用したオイルは現在サイトでの取り扱いがないため類似品を表示

・竹串またはハーバリウム用のピンセット

2.作り方

個人的に口の小さな瓶には、竹串をよく使っています。長めの瓶の場合、長い竹串がなければ、テープごぐるぐる巻き、2本固定すると使いやすいです。もちろん、ハーバリウム用のピンセットでもOK。

kiji196 03

今回は、若干色の違うグリーン系のかすみ草2色をメイン使います。

kiji196 04

瓶を横にし、その横でイメージを作ります。

kiji196 05

瓶に順番に入れていきます。かすみ草を入れるときは、くしゃっと丸めるようにして使うと中でまとまりやすいです。

kiji196 06

瓶が長いので花材とオイルを何度かにわけて入れていきます。
まず、瓶の高さの3分の1くらいまで花材を入れ、竹串を使って整えます。

kiji196 07

いったんオイルを注ぎます。瓶を少し斜めに傾けて、瓶の側面を伝うようにゆっくりと注いでください。

kiji196 08

入れている花の高さくらいまでオイルを注いだら、しばらく置いて気泡が抜けるのを待ちます。

kiji196 09

更に3分の2の高さあたりまで花材をいれ、同じようにオイルを注いだら、気泡が抜けるまでしばらく待ちます。

kiji196 10

栓下の線あたりまで繰り返します。

kiji196 11

花が浮いてこないように、短いかすみ草を少し束ねて、下向きにして入れます。

kiji196 12

栓をしてもオイルの境界線が見えないところまでオイルを注いだら、栓をしないで5分ほど放置し、気泡が抜けるのを待ちます。

kiji196 13

しばらく待って、栓を締めたら完成です。

kiji196 14

3.まとめ

いかがでしたか?ハーバリウムは場所をとらないので、置く場所には困りませんが、ひとつではちょっと寂しさもあるので、いくつか一緒に飾ったり、クリスマスの置物などと一緒に飾るのもおすすめです。

また、いろんな種類の花材を揃えるのは大変ですが、ハーバリウム専門店などでクリスマス用の花材セットや瓶も一緒になったキットも販売されているので、材料調達に困られた場合はぜひ探してみてください。

今回はグリーンメインですが、ホワイトをメインにしたツリー風のハーバリウムもとても可愛いですよ。お世話不要で長く楽しめるハーバリウムで、ぜひお部屋のクリスマス飾りに彩りをプラスしてみてください。

こちらの記事も参考にどうぞ!

https://web.croccha.com/magazines/akiiro_herbarium

https://web.croccha.com/magazines/sea_herbarium

https://web.croccha.com/magazines/seafragrance_herbarium

https://web.croccha.com/magazines/halloweencolor_herbarium

https://web.croccha.com/magazines/20200323

この記事で紹介したアイテム

前の記事をみる次の記事をみる
anone kidsanone kids
京都でハーバリウム、レジン、ソーイング等のワークショップをしています。 ゆるーく楽しくをモットーに...
前の記事をみる次の記事をみる