ハンドメイド専用のSNSアプリ・croccha(クロッチャ)
ログイン会員登録

「サークルパンチ」のマガジン一覧

  • 簡単!サークルパンチのスイカの作り方・ハートのパンチでしずくを作る方法
    簡単!サークルパンチのスイカの作り方・ハートのパンチでしずくを作る方法
    毎月楽しみな「作家のためのレジン」のパッケージデザイン。新作は、スイカとキウイです。どちらも可愛いけれど、個人的には真っ赤な果肉とクールな緑色の皮のコントラストが夏らしいスイカに軍配!その姿を見ていたら、ハンドメイドに取り入れたくなってしまいました。 去年に続き、今年もスイカの当たり年。今シーズン、すでに7、8回買っていますが、どれも甘くてシャキシャキでとっても美味しいんです。アルバムに入れて記録したいと思っているので、ページの飾りになるペーパーパーツを作ることにいたしました。 使うのは、サークルパンチとホールパンチ。ペーパークラフトの基本のツールのみで作れるレシピです。よりそれらしいスイカの種が作れる、ハートをしずくの形に変身させる方法もご紹介いたします。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • ネスティングダイのすすめ/フレーズラベルの作り方
    ネスティングダイのすすめ/フレーズラベルの作り方
    カード作りにダイカットマシンを取り入れて何年か経っても、「これって本当に必要かしら?」と疑問だったネスティングダイ。使ってみたら、「こんなに利用価値の高いものは他にない!」。すっかり大ファンになり、今では私のペーパークラフトになくてはならない存在です。 ネスティングダイとは、同じ形のサイズ違いのカッティングダイがセットになったもののことを指します。たとえば丸型なら、直径1インチ、1.25インチ、1.5インチ、1.75インチ、2インチ、2.25インチ…と、0.25インチ(約6mm)違いのサイズのダイがパッケージになっています。ネスティング(nesting)には、「入れ子になる」という意味があります。丸型のダイの内側にひとつ下のサイズのダイ、その中に次のサイズのダイ…と並ぶ様子が浮かぶことでしょう。 スタック(stack)という言葉を含んだり捩ったりした商品名を付けているブランドも多いようです。スタックは重ねるという意味なので、これも機能をよく表現しています。他には、インフィニティ(infinity)なんて呼ぶブランドも。無限、これもまた上手いネーミングですね。 ネスティングダイのメリットやカードデザインのアイデアをご紹介いたします。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • サークルパンチで作る簡単ペーパーオーナメント
    サークルパンチで作る簡単ペーパーオーナメント
    クリスマスツリーを飾るオーナメントをパターンペーパーで手作り!サークルパンチがあればサクサクっとカットしてあっという間に出来上がります。切って折って貼るだけなので、お子さまとのクラフトタイムにもぴったりです。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • サークルパンチとミシンで作るかんたんペーパーガーランド
    サークルパンチとミシンで作るかんたんペーパーガーランド
    クリスマスパーティーの飾り付けにぴったりのペーパーガーランドの作り方をご紹介いたします。パーツはサークルパンチでカット、つなぐのはミシンにお任せなので、あっという間に長~いガーランドが作れます。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • サークルカットのペーパーツリーの作り方
    サークルカットのペーパーツリーの作り方
    まあるくカットしたサイズ違いのペーパーを山折り谷折り、傘のような形に整えて作るペーパーツリー。パンチやダイがあれば早いですが、もちろんなくても同じように出来ます。 身近な材料で作れるペーパーツリーのご紹介です。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • 大好きなマーサスチュワートのパンチで作るあじさいのリースカード
    大好きなマーサスチュワートのパンチで作るあじさいのリースカード
    大好きなマーサスチュワートのクラフトパンチ。持っていないものを見たらとにかく買う、というとんでもない方針でコレクションし、気が付いたら数百個。引っ越しに伴いかなり整理しましたが、それでもクラフトルームの引き出しは手放せないパンチでいっぱいです。 思い入れのあるパンチのみ残したのでどれもお気に入りですが、中でもあじさいは私のとっておきです。2つ合わせると合計3サイズのあじさいのお花がカットできるので、単調になりがちなパンチを使ったカード作りに奥行きと趣を与えることができます。 とっくの昔に廃盤になっていますが、ラッキーなことにEKツールズ社からリバイバル版が出ています。パンチ本体の形は違いますが、カットされるピースはまったく同じデザインなので、マーサのクラフトが楽しめます。 買った当初から気に入ってリピートしているリースのデザインのカードを作りました。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • クラフトペーパーのカードの作り方
    クラフトペーパーのカードの作り方
    普段スタンプインクを伴うペーパークラフトには表面のなめらかな白のカードストックを使っていますが、クラフトペーパーを台紙にすることもあります。 材料と製法から、クラフトペーパーは茶褐色をしているのが特徴です。丈夫なので段ボールや包装紙、封筒(いわゆる茶封筒)などに用いられますが、その素朴でレトロな雰囲気は今の時代のハンドメイドにはかえって新鮮です。 真っ白なペーパーに鮮やかに発色するのと違い、クラフトペーパーに乗せたインクは控えめで落ち着いた印象に。また違ったスタンプの楽しみを発見しましょう。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • キラキラ&シャカシャカ、ハートのシェイカーカードの作り方
    キラキラ&シャカシャカ、ハートのシェイカーカードの作り方
    カードに厚みを出して空間を作り、シークイン(スパンコール)やシードビーズを入れて透明の窓のこちらからキラキラと振れるのを見て楽しむシェイカーカード。数年前にとても流行り、私も何度か挑戦しています。 いったん小さな粒々を乗せてしまうとペーパーを「伏せる」ということが不可能なため、最後の組み立ての段階でちょっぴずれてしまったり、残念な角度に仕上がったりということも少なくありませんでした。最初から最後までなんとなく一か八かの手探り作業感が否めず、流行当時は私の中では定着しませんでした。 しかし仕上がりは可愛く、送ると大変喜ばれるのもシェイカーカード。ある年のワークショップでみんなで作ってみたくなり、誰にでも失敗なく作れる方法をあれこれ模索して以来、私は粒々の入ったシェイカー部分とカード本体を別々に作って最後の仕上げで合体させる方法に落ち着いています。 最後までコントロールが利き、シェイカー部分の角度が気に入らなければやり直しも出来る方法です。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • ハロウィンパーティー!カップケーキトッパーの作り方
    ハロウィンパーティー!カップケーキトッパーの作り方
    お気に入りのシェイプパンチとサークルパンチで作る、簡単カップケーキトッパー。季節に合わせ、ハロウィンカラーで作りました。ホームパーティーにもぴったりです。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • 玉ひも付きミニ封筒の作り方
    玉ひも付きミニ封筒の作り方
    ポケットパンチボードで作ったタテ型ミニ封筒をアレンジして、玉ひもで開閉できるようにしました。玉ひもとは、紙またはプラスチックシートのボタンを封筒の本体とフラップにひとつずつつけて、糸を絡めて閉じるもの。見た目も可愛いので、日本の紙もの好きさんの間でも人気のアイテムですよね。   アイレット(ハトメ)を使った方法と、ブラッズ(割りピン)で簡単にできるバージョンの2種類の作り方をご紹介いたします。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • マスキングテープで作るフレークシールの作り方
    マスキングテープで作るフレークシールの作り方
    マスキングテープはラッピングや雑貨のデコレーションに便利なアイテムなので、お持ちの方も多いと思います。お手持ちのマスキングテープから、クッキングシートやラベルシールを使ってフレークシールを作れることをご存じですか?今回は使い勝手の良いアルファベットを、マスキングテープから作ってみました。アルファベットはアルバムのデコレーションにも使えます。市販のアルファベットシールを買うと、欲しい文字が足りなくなった・・・!などもおこりますが、自分でアルファベットを作れたらその悩みも解消されますし、クラフトアイデアの幅が広がりますよ。
    ポテ
    ポテ
    色々なハンドメイドに興味があります。いつもビーズアクセサリーとレジンを作っていますが、アプリを通じて色々なクラフトを体験していきたいと思っています。色々投稿されてる方をフォローさせてもらっています。 こそっとtwitter連動。
  • スタンプの基本テクニック:パターンスタンピング
    スタンプの基本テクニック:パターンスタンピング
    「ランダムにスタンプって、実はいちばん難しい!」という声をよく聞きます。複数のピースを行き当たりばったりでスタンプするのは、長さを測ったり印をつけたりという手間がない分、作業そのものは楽かもしれません。だけど、いかに自然に、バランスよく、そしてセンスも光る並べ方を、となると、手が止まってしまう方も少なくないのではないかと思います。   微妙な隙間ができてしまって埋めようかそのままにしようか悩んだり、足す色に迷って何日も放置してしまったり…カードクラフターさんならそんな経験をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。   ただひたすら好きな色のインクでスタンプを楽しみたい!でもせっかくだからカードに仕上げたい!叶える方法があります。   いくつかのポイントを押さえるだけで、スタンプでのパターン作りに自信が持てます。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • パンチとスタンプで作る簡単サークルタグ
    パンチとスタンプで作る簡単サークルタグ
    私がペーパークラフトに夢中になったきっかけは、カリスマライフコーディネーターのマーサ・スチュワートが手掛けたクラフト用品との出会いでした。   日本に住んでいた頃からマーサの料理番組のファンでしたが、渡米してからは雑誌も定期購読し、料理だけでなくインテリア、収納、ガーデニングなど、生活の隅々まで彼女をお手本にしたものです。 ラッピングペーパー、リボン、シール、スタンプなど、新しいものを見つけるたびに買い足しましたが、とりわけ私の心をぎゅーっと掴んだのはクラフトパンチでした。   最初に買ったのはバタフライ。紙の端切れを可愛く変身させられることにとにかく感動して、お花、昆虫、動物、乗り物、ハロウィンやクリスマスのシーズン物と、その後パンチはどんどん増えていきました。   ダイカットマシンなどパンチ以外の道具や手法も覚えていったので出番が減ってしまいましたが、どのデザインも気に入っており、しかもペーパークラフト初心者の頃の好奇心を思い出させてくれるときめきアイテムなので思い入れも強く、決して断捨離の対象にはなりません。   引き出し3つ分の収納スペースを占領するマーサのパンチ。手放せない、だけど使い道があまりない…その頃の私のブログを読んでくださっていた方々もきっと同じようなジレンマを感じながらマーサのパンチを持て余しているはずだと思い、それにピッタリのスタンプをデザインすることを閃きました。   メッセージが環状に入ったサークルスタンプ。これの真ん中にマーサのパンチ!私と同じ悩みを抱えていた方々は思った以上に多かったようで、おかげさまでロングセラーとなっています。日本の100円ショップなどで買えるフレークシールなどもぴったりサイズのようです。   今日はサークルスタンプ、サークルパンチ、そしてマーサのパンチを使った丸いタグの作り方をご紹介いたします。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。