ハンドメイド専用のSNSアプリ・croccha(クロッチャ)
ログイン会員登録

「アルバム」のマガジン一覧

  • 左右対称のV字カットが毎回完璧に!バナーパンチの使い方
    左右対称のV字カットが毎回完璧に!バナーパンチの使い方
    ペーパークラフトをしていると何気に需要が高いのが、リボンやペーパーの帯の先をV字にカットして作るバナーです。フレーズをスタンプしてカードを仕上げたり、スクラップブッキングのタイトルのラベルにしたり、また、ギフトタグの裾をカットしたりと、リボン風にペーパーをカットすることはしょっちゅうです。 サテンやコットンのリボンなら真ん中で縦に折って2枚重ねにして切ることが可能ですが、一度付いた折り目は消えないペーパーだとそうはいきません。片側の角からハサミを入れて真ん中で止め、反対の角から再度カットを入れてV字にすることになります。 単純作業に見えるけれど実はこれがなかなか難しくって、毎回失敗とまでは言わないけれど不満が残る出来栄えに。最初の切り込みが深すぎて中央が合わなかったり、揃えたつもりのハサミの角度が違っていたりと、左右対称になるのはごく稀です。 そこで道具に頼ってみることにしました。バナーパンチの使い方です。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • 鳥さんとお花のスタンプで作る、春色おでかけスクラップブッキング
    鳥さんとお花のスタンプで作る、春色おでかけスクラップブッキング
    春の到来!お花の美しい季節ですね。 私の住むカリフォルニア州サンディエゴには、バルボアパークという大きな都市公園があります。複数の美術館や博物館、庭園、劇場、さらには動物園まで含む、広大な面積を誇る市民の憩いの場です。敷地内では地元原産の植物だけでなく、世界各地から集められた珍しい木々や花々も見られます。 いつ行っても見どころ満載の公園ですが、お花はやっぱりこの季節が一番!日本庭園の桜を目的にお花見ピクニックに出かけた日の写真をプリントし、久しぶりにスクラップブッキングを楽しみました。 訪問者の殺到で入園規制が掛かっているためか、日本庭園の入り口には長蛇の列。この日は諦め、別の場所に移動してのランチタイムとなりました。植物の写っていないセルフィーだけれど、この季節にぴったりのスタンプセットを使ってお花の咲き溢れるパークのイメージと春の訪れをテーマにしたレイアウトに。 いつもは柄入りのペーパーやステッカーなどがコーディネートされたスクラップブッキング向けのコレクションを使いますが、ここではあえてまっさらな状態からスタートします。スタンプとダイで作る春色スクラップブッキングのご紹介です。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • スタンプの基本テクニック:トーンオントーン(tone on tone)スタンピング
    スタンプの基本テクニック:トーンオントーン(tone on tone)スタンピング
    トーンオントーン(tone on tone)という言葉を耳にされたことはありますでしょうか。ファッションやアート、インテリアコーディネートなどに使われる配色方法のひとつで、同じ色相のカラーに明暗や濃淡で変化をつけるコンセプトを指しています。 トーンオントーンはペーパークラフト用語でもあります。スタンプに限定して定義すると、単純に「カラーペーパーに同系色のインクを使ってスタンプをする」というのがトーンオントーンテクニックに当たります。 白いペーパーにさまざまな色相のインクでスタンプするいつものカラフルなクラフトと違った、同系色でまとめるトーンオントーンスタンピング。派手さはないけれど、カードやアルバムページを作っていると「これこそ欲しい雰囲気」という場面が多々あります。 使う材料や道具は同じでも、ペーパーやインクの選び方にはまた別の注意やコツが必要です。アルバムページの土台作りを例に取り、スタンプの基礎テクニックのひとつであるトーンオントーンスタンピングについてご説明いたします。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • 切れ味の悪くなったペーパーパンチの研ぎ方
    切れ味の悪くなったペーパーパンチの研ぎ方
    アルバムページの飾りにしようと、しばらくしまい込みっぱなしになっていたハートのレースのパンチでボーダーをカットしました。大好きで一時期はしょっちゅうスクラップブッキングに使っていたこのボーダーパンチは、10年以上前に買ったもの。久しぶりにカットしてみたら、案の定、レバーがかなり重く、ペーパーの切り口の毛羽立ちも少し気になります。 圧をかけてカットするダイと違い、クラフトパンチはハサミのように刃と刃が擦れ合うため、使って行くうちに切れ味が悪くなります。これは品質などにはあまり関係なく、構造上仕方のないこと。よほどのお気に入りなら買い替えをすることもありますが、残念ながらこのデザインはすでに廃盤。とっておきのクラフトのために、大切に手入れをしながら騙し騙し愛用しているパンチがこの他にもいくつかあります。 買ったばかりの頃のようにサクサク切れなくなったパンチの刃は、どなたの家にも必ず常備されている身近なアイテムで簡単に研ぐことができます。やり方とコツをご紹介いたします。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • ペーパーバタフライの作り方/レイヤーステンシルの使い方
    ペーパーバタフライの作り方/レイヤーステンシルの使い方
    ペーパークラフトを始めたばかりの頃から、バタフライ(蝶々)は好きなデザインのひとつです。ころんと可愛くデフォルメされたモンシロチョウ、細部までエレガントに表現されたモナークバタフライ…スタンプやダイ、パンチ、ステッカーなどで楽しみます。 バタフライのデザインのクラフト用品はもう集め切ったかな?もう買い足すことはないかな?と思っていましたが、このたび出会ったレイヤーステンシルは別物でした。今までにないタイプのディテールに感激! 使い方をご紹介するとともに、その美しさをお伝えしたいと思います。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • パンチで作るエンベリッシュメントのスクラップブッキングレイアウト
    パンチで作るエンベリッシュメントのスクラップブッキングレイアウト
    パンチで自作したフォトコーナーを使う利点のひとつは、同じペーパーで他のエンベリッシュメントも作れること。同素材でラベルやその他のエンベリッシュメントを作り足すことによって、レイアウト全体に統一感が生まれます。 ペーパーコレクションを使ったスクラップブッキングももちろん楽しいけれど、たまにはパーツから手作りするのもいいものです。日本に住む母とのスカイプ中に撮ったスクリーンショットをプリントして、パンチで作ったパーツを並べて6x8インチのレイアウトにしました。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • フォトコーナーパンチの使い方
    フォトコーナーパンチの使い方
    専用にデザインされたカラフルで美しいペーパーやステッカーを使ったスクラップブッキングももちろん大好きですが、昭和の頃の素朴な写真アルバムにも惹かれます。 私が赤ちゃんだった頃の写真は、粘着性のあるハード台紙に並べて上から保護フィルターを被せるタイプのアルバムに収まっています。ところどころにアルバムのおまけだったと思われるステッカーや手書きの日付や地名の入ったラベルも貼られ、母の気持ちが伝わります。 さらに遡り、父や母の学生の頃になると、写真の角を差し込んで台紙に留めるフォトコーナーを使ったいかにもひと昔前ふうのアルバムに。白黒写真と相まって、私はこのレトロなフォトコーナーがたまらなく好き! スクラップブッキングを始めたばかりの頃は、黒やゴールド、シルバー、エナメル加工の赤や白など、さまざまなフォトコーナーを買い揃えて使い分けていました。でも、毎回写真やペーパーにぴったりマッチさせるのは難しいもの。 そんな時に出会ったのが、フォトコーナーを作るパンチです。好きな色や柄のペーパーで、フォトコーナーが作り放題!ちょっとしたコツでよりきれいに仕上がります。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • ザッターのスパイラル製本マシン、バインド・イット・オールの使い方
    ザッターのスパイラル製本マシン、バインド・イット・オールの使い方
    毎年、12月の写真はクリスマスミニブックにしています。しかし、イベントは軒並み中止、旅行やパーティーの予定もないコロナ禍の今年は、残念ながら別冊にまとめるほどの枚数の写真は望めないことでしょう。 それでもミニブック作りは例年通りに楽しみたい!と思い、日本の実家で過ごした昨年12月後半の写真を再びプリントし、1冊にまとめて母へのクリスマスプレゼントのひとつとして送ることにしました。 ここでは最後のスパイラル綴じに製本する段階のみにスポットライトを当てています。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • ペーパーにステッチを入れる方法
    ペーパーにステッチを入れる方法
    スクラップブッキングといえばアメリカのペーパークラフトの代表的存在ですが、使われるマテリアルは紙だけではありません。私が初めてチャレンジした2010年以来、さまざまな異素材に流行が来ては去るのを見てきました。 プラスチックやエナメルのボタン、缶バッジ、焼き絵の入ったウッドピース、シークイン(スパンコール)、メタルクリップなどなど、スクラップブッカーさんたちは「フォトアルバムに合わせるの?」というような紙以外の素材を取り合わせるのがとてもお上手です。 ペーパークラフトに出会う以前ファブリッククラフトを楽しんでいた私がとりわけ魅力的に感じたのは、紙に刺繍を入れるというコンセプトでした。束になった刺繍糸でほどよい立体感が生まれ、優しく温かい手触りも加わります。そして何より、無心でチクチクと作業をするのが楽しいこと! 秋物のペーパーコレクションの中にあった落ち葉のデザインのダイカットピースを見ていたら、急に思い出して葉脈にステッチを入れたくなりました。 布に刺繍するのと共通点もありますが、ペーパーならではの注意点もあります。基本のステッチの入れ方ときれいに仕上げるコツをご紹介いたします。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • フォトフレームを作ろう!フレームパンチボードの使い方
    フォトフレームを作ろう!フレームパンチボードの使い方
    私のアルバム作りに欠かせないのが、ペーパーフレーム。派手なパターンのペーパーを台紙にした時など、フレームのおかげで写真が引き立つし、逆にプレーンなレイアウトになりそうな時はフレームの柄が華やかさを加えてくれます。 フレームの縁を広めにとってお花やリボンで飾ったり、余白部分にスタンプやジャーナル(コメント)を書き入れたりと、あれば便利なスクラップブッキング向けペーパーフレーム。ペーパーコレクションに含まれていれば必ず購入するようにしています。 しかし市販のフレームでは、「もう少し色が濃かったら…」、「サイズがちょっと大きければ…」などなど、微妙な不満も。でも手作りなら、好きな色柄のペーパーで、サイズも自由自在! めったに必要ないという方はカッターで真ん中を切り抜いて作られても良いと思いますが、年にミニアルバムを数冊、そして1冊の中に何枚ものフレームが欲しい、という私のような方には、ウィーアーメモリーキーパーズのフレームパンチボードが便利です。 基本の使い方をご紹介いたします。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • ファブリックステンシルのアルバムカバーの作り方
    ファブリックステンシルのアルバムカバーの作り方
    細長くカットしたスクラップブッキングペーパーに写真やジャーナル(コメント)を並べてステッカーなどで飾り、冊子状になったクリアポケットに背中合わせに入れてフォトアルバム兼ダイアリーのようなドキュメントをしています。 カバーは市販のものも何冊か持っていますが、やっぱり気に入って買った布を使って手作りするのがいちばん!パスポートサイズのノートブックカバーが思ったより簡単に出来たので、クリアポケットの寸法でも作ってみました。 作り方はノートブックカバーとほぼ同じですが、一部変更し、また、無地のリネンにステンシルで模様を入れるところから始めたので、改めて作り方を書きました。クロパダイルでは届かない位置にアイレットをつける方法もご紹介しています。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • ワードパンチボードの文字間を狭める方法
    ワードパンチボードの文字間を狭める方法
    スクラップブッキングをされる方々だけでなく、手帳ユーザーさんたちの間でも人気のウィーアーメモリーキーパーズのワードパンチボード。アルファベットや数字のパンチをまっすぐに並べられるツールです。 アルバムページのタイトルなどに私も昨年から愛用中ですが、唯一の問題点は文字間が広いこと。大きな台紙を使う場合は良いのですが、私のようにトラベラーズノートブックサイズでミニアルバムを作ったり、主に手帳への文字入れに使うとなると、限られたスペース内では綴れるワードやフレーズも決まってきてしまいます。 もっと上手く活用できる方法はないかなあ、とあれこれ試してみたところ、文字と文字の間にもうひとつ文字を入れられるスペースがあることを発見。ラッキーなことにパンチボード本体のスロットには細かく番号が振られているので、確実にパンチを文字と文字の真ん中に設置することができます。 新しく入手した小文字バージョンでご説明したいと思います。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • ZUTTER(ザッター)を使ってカレンダーを作ろう!
    ZUTTER(ザッター)を使ってカレンダーを作ろう!
    離れて暮らす家族に、世界で1つだけの「オリジナルカレンダー」を手づくりしてみませんか?母の日や敬老の日など記念日の贈り物や、子どもからのプレゼントとしてもぴったりですよ。かわいい子どもの写真をいれたカレンダーはきっと喜ばれること間違いなしです。 今回はテーマパークの紙を使って子どもの写真を使っていますが、もちろんペットやパートナー、お友達との思いでなどもカレンダーにしてみても楽しいですよ!飾って楽しいカレンダーの制作工程を載せています。
    まいこ
    まいこ
    ペーパークラフト大好きアカウント。マスキングテープ所有量は3000個以上・・・😇instagramではアミファさん(100均に商品展開中)の商品を皆様にお伝えするインスタグラマーとして活動中(6年目) もともとゲーム会社でゲーム作っていたので、2次元2.5次元大丈夫な方です。
  • ZUTTER(ザッター)を使ったミニアルバム
    ZUTTER(ザッター)を使ったミニアルバム
    新型コロナウイルスの流行により、帰省できなかった人も多いのではないでしょうか。ありとあらゆる場面で自粛や延期が求められており、帰るタイミングを失った方もいらっしゃると思います。 敬老の日は、離れて暮らす家族に「いつもありがとう」「元気でいてね」と伝えるチャンスです。照れくさくてなかなか口にしづらい言葉ですが、大切にしたいイベントですよね。会えないからこそ手作りの贈り物でその気持ちを伝えたいものです。 今回はZUTTER(ザッター)を使ったミニアルバムの工程を細かく撮影しております。少しでも参考になれば幸いです。
    まいこ
    まいこ
    ペーパークラフト大好きアカウント。マスキングテープ所有量は3000個以上・・・😇instagramではアミファさん(100均に商品展開中)の商品を皆様にお伝えするインスタグラマーとして活動中(6年目) もともとゲーム会社でゲーム作っていたので、2次元2.5次元大丈夫な方です。
  • テンプレートダイで遊ぼう!立体リボンの作り方
    テンプレートダイで遊ぼう!立体リボンの作り方
    ダイカットマシンの使い方をご紹介した際、ダイには大きく分けて「スタンドアローンダイ」と「コーディネートダイ」があるとお伝えいたしました。前者は動物やお花のシルエット、アルファベットなど、それだけで意味をなすタイプ。後者はスタンプした画像をその形に沿って切り取るためのダイです。   スタンドアローンダイの中にもさまざまな種類があり、機能や用途によっていくつかのジャンル分けができます。今日はそのひとつ、テンプレートダイについてお話ししたいと思います。   最近私がミニアルバム作りに積極的に取り入れているリボンのテンプレートダイの使い方のご説明を兼ねてご紹介いたします。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • ポチ袋の作り方(ポケットパンチボードの応用編)
    ポチ袋の作り方(ポケットパンチボードの応用編)
    先日ついに手に入れた、ウィーアーメモリーキーパーズのポケットパンチボード。ミニ封筒やポケット作りが楽しい!   さっそく日本風のいわゆるポチ袋を作ろうと思い、おめでたい柄のとっておきの和紙を引っ張り出してきたのですが…あれ?なぜかパンチボードについてくるガイドのチャートに、それに近いサイズが載っていないのです。   ポチ袋は、だいたい6.5x10cm前後。2.5x4インチくらいです。タテが4インチというものはあるのだけれど、ヨコは2.25インチの次は2.75インチに飛んでいます。   せっかく買ったからには目的を達成したいし、日本のユーザーさんにとってもきっとこの寸法がいちばん身近であろうと思い、一般的なポチ袋が作れるインストラクションを書きました。   同じく2.5インチ幅がちょうどよかったので、インスタントカメラのチェキで撮った写真が入るポケットも作っています。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • ダイカットマシンの使い方(シジックスのミニマシン、サイドキック編)
    ダイカットマシンの使い方(シジックスのミニマシン、サイドキック編)
    スタンプ、ステンシル、そしてダイカットが、ペーパークラフトにおける3大テクニックになりますでしょうか。しかしダイカットマシンは、私にとっては知ってはいても手を出さないツールの代表みたいなものでした。なぜかと言うと、ハサミでのチョキチョキ作業が大好きだからです!   ダイカッティングには興味のないまま何年もの間カードメイキングやスクラップブッキングを楽しんでいましたが、ある日のこと、テレビショッピングで紹介されているのを見てすっかり魅了され、すぐにポチってしまいました。ペーパーのカット以外にも色々クリエイティブな使い方があることを知ったのです。   今日は基本の使い方をご紹介いたします。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • ポケットパンチボードの使い方
    ポケットパンチボードの使い方
    封筒、ギフトボックス、立体リボン、バナー、インデックス、タグなど、さまざまなペーパーアイテムが気軽に作れるウィーアーメモリーキーパーズのパンチボードシリーズは、私も好きでいくつか愛用しています。   ラッピングペーパーや折り紙でミニカードを入れる小さな封筒を作ることが多いので、元祖1-2-3パンチボードは必需品。フレームパンチボードとアルファベットパンチボードも、アルバム作りに欠かせないマストツールとなっています。   魅力を感じつつも、1-2-3パンチボードを持っているので贅沢品かな?と思って躊躇していたのが、ポケットパンチボード。でも、タテ型の、いわゆる日本語で言うところのポチ袋のようなタイプのミニ封筒がふさわしい場面も多々あるので、いずれは欲しいと思っていたんです。   先日作ったハードカバーのアコーディオンミニアルバムにノッチ入りのポケットをつけることを思いついたときに、私の決意は固まりました!もっと早く入手すればよかった〜!   今日は基本の使い方をご説明いたします。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • ハードカバーのアコーディオンミニアルバムの作り方
    ハードカバーのアコーディオンミニアルバムの作り方
    アコーディングアルバムとは、細長くカットしたペーパーを蛇腹状に折ってカバーをつけたもの。特殊な道具は必要なく、数ある製本方法の中でもとくに簡単なアルバムです。   数年前は製本に適したグルーを使っていましたが、日本製のテープのりは大変優秀なので、ハードカバー作りにも十分機能!それに気付いてからは、ますます気軽に作れるようになりました。   切る、折る、貼るのペーパークラフトの基本ツールをご紹介しつつ、ベーシックなアコーディオンアルバムの作り方をご説明いたします。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • エンボスラベルメーカー(ダイモキャプションメーカー)の使い方
    エンボスラベルメーカー(ダイモキャプションメーカー)の使い方
    アルバムページの文字入れにはアルファベットのステッカー、スタンプ、パンチなどを使いますが、もうひとつ、私が以前から大好きで愛用しているツールがあります。ダイモキャプションメーカーというものです。   プラスチックのテープにアルファベットや数字、記号などを打刻する、おもちゃみたいな可愛いラベルメーカー。ダイヤルをくるくる回して希望の文字に合わせ、ハンドルを握ってカチッとひとつ打っては次の文字に合わせ…という単純な作業に心が躍ります。   出来たラベルも、ハンドルを握る力が不均一だと文字が濃く出たり薄く出たり、まっすぐにならなかったりで、いかにも手作りという雰囲気がとても気に入っています。レトロ感のあるフォントも、手作り作品に温かみを加える気がします。   ペーパークラフトにはもちろん、収納ボックスのラベルやファイルのタブ、インデックスなど、デスクまわりのオーガナイズにも日常的に使っているダイモキャプションメーカー。総称はエンボスラベルメーカーというようで、実は私もダイモ以外にも類似品を持っています。モデルによってテープの入れ方が違いますが、使い方はどれも一緒です。   基本の使い方をご紹介いたします。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。
  • マスキングテープで作るフレークシールの作り方
    マスキングテープで作るフレークシールの作り方
    マスキングテープはラッピングや雑貨のデコレーションに便利なアイテムなので、お持ちの方も多いと思います。お手持ちのマスキングテープから、クッキングシートやラベルシールを使ってフレークシールを作れることをご存じですか?今回は使い勝手の良いアルファベットを、マスキングテープから作ってみました。アルファベットはアルバムのデコレーションにも使えます。市販のアルファベットシールを買うと、欲しい文字が足りなくなった・・・!などもおこりますが、自分でアルファベットを作れたらその悩みも解消されますし、クラフトアイデアの幅が広がりますよ。
    ポテ
    ポテ
    色々なハンドメイドに興味があります。いつもビーズアクセサリーとレジンを作っていますが、アプリを通じて色々なクラフトを体験していきたいと思っています。色々投稿されてる方をフォローさせてもらっています。 こそっとtwitter連動。
  • アルバムに文字(アルファベット)を入れる方法(ステッカー、パンチ、スタンプ)
    アルバムに文字(アルファベット)を入れる方法(ステッカー、パンチ、スタンプ)
    スクラップブッキングを始めたのは2010年の元日のこと。美術館のチケットやパンフレットの切り抜きと共に12x12インチ(約30x30cm)の大きな台紙に写真を貼り、カリグラフィーペンでジャーナル(コメント)を書いたものでした。   その後、スマッシュというコラージュノート風のシステム、プロジェクトライフという区画されたクリアポケットに写真とカードを入れるポケット式スクラップブッキング、クラフト用製本マシンを使って小さな台紙をスパイラル綴じにするミニブックなど、さまざまなスタイルとサイズで写真アルバム作りを楽しんでいます。   昨年末からは、4x8インチ(約10x20cm)にカットしたパターンペーパーに写真をスクラップしてクリアポケットに入れる方法で、月ごとにまとめています。   内容はなんでもあり!イベントやドライブなどのお出かけ写真だけでなく、日常のスナップショットや食べた物の記録、観た映画なども一覧にして、ログの役目も兼ねています。   写真アルバム、日記、コラージュ、手帳、スクラップブッキングを融合させたような私のマンスリードキュメント。がんばり過ぎないのが継続の秘訣だと思うので、とにかくシンプルに、そして時間をかけずに完成させることを念頭に置いて作っています。   ジャーナルは手書きしますが、各ページのタイトル作りにはスクラップブッキングの要素を取り入れ、ちょっとした装飾性を持たせるようにしています。   今日は、私がよく使う文字(アルファベット)の入れ方を3種類ご紹介したいと思います。
    marikobrown
    marikobrown
    編む、縫う、刺す、切る、貼る…ハンドメイドはどのジャンルも子どもの頃から大好きで、海外に移住した現在も身近な素材と簡単な方法を用いた手作りのある生活を楽しんでいます。長らくペーパークラフト一辺倒だったので、ただ今少しずつリハビリ中。毛糸や布に囲まれる暮らしの心地よさを改めて満喫しています。